最強の男の競馬ブログ

アクセスカウンタ

zoom RSS ソウルスターリングが2歳女王に! 今週は朝日杯FS

<<   作成日時 : 2016/12/12 06:49   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 2歳女王決定戦の阪神ジュベナイルフィリーズ(GI・阪神芝1600m(外))を制したのは、1番人気の支持を受けたフランケル産駒のソウルスターリングだった。好位のインで脚をタメ、直線でラチ沿いを楽々と抜けると、力強くゴール板を駆け抜けた。着差は1馬身1/4で、勝ち時計は1分34秒0(良)だった。騎乗したルメールは「ベストポジションでリラックスできた。楽に先頭に立ち、最後まで頑張ってくれた」と。今後に関しては未定となっている。
 2着は2番人気のリスグラシュー。ダッシュがつかずに後方からの競馬になったが、直線で大外から長くしっかりと伸びて連対を果たした。3着には3番人気のレーヌミノルが続いている。

 ハンデ重賞のチャレンジカップ(GIII・阪神芝1800m(外))を勝ったのは、9番人気の3歳馬マイネルハニー(55キロ)だった。好位の外を追走し、直線半ばで先頭に出ると、渋太さを発揮して粘り込んだ。着差はクビで、勝ち時計は1分46秒5(稍)だった。騎乗した柴田大知は「長くいい脚を使うのが持ち味。それを最後まで使い切って耐えてくれた」と。次走は決まっていない。
 2着は5番人気のベルーフ(57キロ)。中位の後ろで脚をタメ、直線で内めを割って伸びた。3着は11番人気のケイティープライド(52キロ)で、1番人気のフルーキー(57.5キロ)は4着まで。

 ダート重賞のカペラS(GIII・中山ダ1200m)を制したのは、3番人気の4歳馬ノボバカラだった。最内1番枠からダッシュを利かせてハナを奪い、直線で少し離すと、そのまま渋太く粘って押し切った。着差は1馬身3/4で、勝ち時計は1分10秒2(良)だった。騎乗した内田博幸は「内枠だったので中途半端なことはしたくなかった。もっと大きな舞台で活躍できる」と。次走は12月28日に園田で行われる兵庫ゴールドトロフィー。
 2着は2番人気のニシケンモノノフ。中位の外を追走し、直線で外からしっかりと伸びた。1番人気だった牝馬のコーリンベリーは、好位の外を進み、ジリジリとでも脚を使って3着に上がった。

 今週は阪神競馬場で2歳GIの朝日杯フューチュリティS(GI・阪神芝1600m(外))が行われる。フランケル産駒の牝馬ミスエルテの参戦は注目され、迎え撃つ牡馬勢にはモンドキャンノ、ダンビュライト、トラスト、レッドアンシェル、アメリカズカップなど、素質ある若駒がズラリ。直線は激しい攻防が繰り広げられることになりそうだ。中山には牝馬重賞のターコイズS(重賞・中山芝1600m)が組まれていて、こちらも見逃すことはできない。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文
ソウルスターリングが2歳女王に! 今週は朝日杯FS 最強の男の競馬ブログ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる