最強の男の競馬ブログ

アクセスカウンタ

zoom RSS キタサンブラックが連覇達成! 今週はNHKマイルC

<<   作成日時 : 2017/05/01 07:16   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 一線級が顔をそろえた天皇賞(春)(GI・京都芝3200m(外))を制したのは、1番人気の支持を受けた5歳のキタサンブラックだった。離れた2番手で自分のリズムを守り、直線で早々と抜け出して渋太く押し切った。着差は1馬身1/4で、勝ち時計はレコードタイムとなる3分12秒5(良)だった。騎乗した武豊は「勝たなければならない立場。ラストは苦しくなったけど、この馬にしか耐えられないペース」と。昨年に続いて連覇を達成し、次走は宝塚記念(6月25日)になる。秋は凱旋門賞に挑戦することになるかもしれない。
 2着は4番人気のシュヴァルグラン。キタサンブラックを意識する感じで乗られていたが、直線でジリジリとしか差が詰まらなかった。2着とクビ差の3着が2番人気のサトノダイヤモンド。

 ダービートライアルの青葉賞(GII・東京芝2400m)を勝ったのは、断然の1番人気に推されたアドミラブルだった。道中は最後方を追走し、3コーナーを過ぎて外からジワッと上がって行く。直線で抜け出すと遊んでフラフラしていたが、グッと離して快勝した。着差は2馬身半で、勝ち時計はレースレコードとなる2分23秒6(良)だった。騎乗したミルコ・デムーロは「楽に走っているように感じるけど、時計が速い。本番ではさらに強くなると思う」と。ダービー(5月28日)でも注目される存在になる。
 2着は4番人気のベストアプローチ。直線で勝ち馬の後ろまで迫ったが、最後は突き放されてしまった。3着はやはりタメる競馬でジリジリと脚を使った8番人気のアドマイヤウイナー。

 今週は府中競馬場で3歳の最強マイラーを決めるNHKマイルC(GI・東京芝1600m)が行われる。カラクレナイ、アエロリット、ジョーストリクトリ、アウトライアーズ、レッドアンシェル、プラチナヴォイスなど非凡な若駒がそろっていて、迫力あるマイル決戦が見られそうだ。他、ダービーにつながる京都新聞杯(GII・京都芝2200m(外))、ハンデ重賞の新潟大賞典(GIII・新潟芝2000m(外))が組まれており、こちらも注目度は高い。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文
キタサンブラックが連覇達成! 今週はNHKマイルC 最強の男の競馬ブログ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる