最強の男の競馬ブログ

アクセスカウンタ

zoom RSS 日本ダービー(GI)、目黒記念(GII)の展望

<<   作成日時 : 2017/05/25 16:23   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 東京優駿(GI・東京芝2400m)は3歳牡馬クラシックの第二弾。イギリスのダービーステークスを範としてつくられた競走で、副称である“日本ダービー”が一般的な呼称となっている。創設されたのは戦前の1932年(昭和7年)のことになり、当初の開催場所は今はなき目黒競馬場で、条件は芝2400m、競走名は東京優駿大競走だった。34年になると場所を東京競馬場に移し、38年に競走名が東京優駿競走に変更になる。45年は太平洋戦争の影響で中止になり、46年は進駐軍の競馬場占領によって中止になった。そして、48年になると名称が優駿競走になり、50年になると現行の東京優駿に変わって、同時に日本ダービーの副称がついた。
 第1回の覇者はワカタカ。第10回の勝ち馬セントライトは史上初の3冠馬になり、以降、シンザン、ミスターシービー、シンボリルドルフ、ナリタブライアン、ディープインパクト、オルフェーヴルが三冠馬に輝いている。第6回に牝馬のヒサトモが勝ち、12回に牝馬のクリフジが戴冠した。その後、長く開いて、07年の74回にウオッカが64年ぶりの牝馬のダービー馬になった。71回のキングカメハメハと75回のディープスカイがNHKマイルカップ→日本ダービー連覇を決めている。前6年の勝ち馬は、オルフェーヴル、ディープブリランテ、キズナ、ワンアンドオンリー、ドゥラメンテ、マカヒキ。
 第84回の今年は19頭が登録してフルゲートの18頭立てになった。皐月賞からは勝ち馬のアルアインを筆頭に、ペルシアンナイト、ダンビュライト、クリンチャー、レイデオロ、スワーヴリチャードと上位馬がすべて出走。別路線組からは青葉賞勝ちのアドミラブル、プリンシパルS勝ちのダイワキャグニー、毎日杯2着のサトノアーサーなどが参戦する。伸び盛りの若駒がそろっていて、2017年の競馬の祭典はハイレベルで見応えある戦いになるだろう。


 目黒記念(GII・東京芝2500m)は古馬が争う長距離のハンデ重賞。正式名称は農林水産省賞典目黒記念で、競走名はかつての開催場所であった目黒競馬場に由来する。創設されたのは1932年(昭和7年)と古く、当初は春と秋の年2回制で、目黒競馬場の芝3400mで行われていた。負担重量はハンデキャップだった。目黒競馬場は33年の春をもって開催終了となり、目黒記念は同年の秋から東京競馬場で施行されるようになる。以降、距離には多くの変遷があり、負担重量も別定になったり、ハンデキャップになったりと動きがあった。50年の秋から芝2500mに定着し、56年からずっとハンデキャップで行われている。年2回制は83年をもって終了となった。
 第1回の覇者はハクリユウ。古い次代の勝ち馬を見ると、ハクチカラ、シンザン、スピードシンボリ、シービークロス、アンバーシャダイ、モンテファストといった強いステイヤーが名を連ねている。近年は少しレベルが落ちている感じがあるが、94年にナリタタイシン、00年にステイゴールドが勝ち、06年、07年にポップロックが連覇を達成した。前6年の勝ち馬は、キングトップガン、スマートロビン、ムスカテール、マイネルメダリスト、ヒットザターゲット、クリプトグラムとなっている。
 第131回の今年は21頭が登録してフルゲートの18頭立てになった。トップハンデとなる58キロを背負うのは、重賞を4勝しているフェイムゲームと、14年に日本ダービーを制覇したワンアンドオンリーの2頭。続いて57.5キロが一昨年の当レースの勝ち馬ヒットザターゲットとなっている。57キロは不在で、56.5キロはヴォルシェーブとモンドインテロの実力馬2頭。56キロ以下にもクリプトグラム(56キロ)、カフジプリンス(55キロ)、ウムブルフ(55キロ)、レコンダイト(55キロ)、サラトガスピリット(54キロ)など警戒が必要な勢力がいて、長丁場のハンデ重賞は壮絶なバトルになりそうだ。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文
日本ダービー(GI)、目黒記念(GII)の展望 最強の男の競馬ブログ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる