アクセスカウンタ

<<  2017年5月のブログ記事  >>  zoom RSS

トップへ

タイトル 日 時
レイデオロが堂々とダービー制覇! 今週は安田記念
 クラシック第二弾の日本ダービー(GI・東京芝2400m)を制したのは、2番人気のレイデオロだった。前半は後方を進んでいたが、レースは超スローで流れていて、向正面に入ると外からスーッと2番手まで上がっていく。直線ですぐに先頭に立ち、長くしっかりと脚を使って押し切った。着差は3/4馬身で、勝ち時計は2分26秒9(良)だった。騎乗したルメールは「ペースが遅いと思ったので、ポジションを上げていった。直線もよく反応してくれた」と。今後の具体的なスケジュールは決まっていない。なお、藤沢和雄師は、開業30年... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/05/29 13:57
日本ダービー(GI)、目黒記念(GII)の展望
 東京優駿(GI・東京芝2400m)は3歳牡馬クラシックの第二弾。イギリスのダービーステークスを範としてつくられた競走で、副称である“日本ダービー”が一般的な呼称となっている。創設されたのは戦前の1932年(昭和7年)のことになり、当初の開催場所は今はなき目黒競馬場で、条件は芝2400m、競走名は東京優駿大競走だった。34年になると場所を東京競馬場に移し、38年に競走名が東京優駿競走に変更になる。45年は太平洋戦争の影響で中止になり、46年は進駐軍の競馬場占領によって中止になった。そして、48年... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/05/25 16:23
ソウルスターリングが樫の女王に! 今週は日本ダービー
 牝馬クラシック第二弾のオークス(GI・東京芝2400m)を制したのは、1番人気のソウルスターリングだった。好位のインでじっくりと脚をタメ、直線で楽に先頭に躍り出る。追われて左に行くところがあったが、最後までしっかりと脚を使って押し切った。着差は1馬身3/4で、勝ち時計は2分24秒1(良)だった。騎乗したルメールは「本当に強かった。お母さんでフランスのオークスを勝ち、その仔で日本のオークスを勝てたのは幸せ」と。このあとは休養に入り、秋は天皇賞(秋)やジャパンカップを目指すことになる。  2着は... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/05/22 07:47
オークス(GI)、平安S(GIII)の展望
 優駿牝馬(GI・東京芝2400m)は3歳牝馬クラシックの第二弾。イギリスのオークスステークスを範としてつくられた競走で、「オークス」と呼ばれることがほとんどである。65年からオークスが副称としてつけられるようになった。第1回が行われたのは戦前の1938年(昭和13年)と古く、当初は阪神優駿牝馬という名称で、鳴尾競馬場の土2700mという条件だった(土コースは現在のダートとは異なる馬場)。芝2400mになったのは43年のことで、このときの施行場所は京都競馬場。46年に東京競馬場に移り、この年に名... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/05/18 17:48
伏兵のアドマイヤリードがGI初制覇! 今週はオークス
 一線級の牝馬がそろったヴィクトリアマイル(GI・東京芝1600m)を制したのは、 6番人気の4歳馬アドマイヤリードだった。中位の後ろの内めで脚をタメ、直線の追い比べで狭いところをグッと抜けて快勝した。着差は1馬身1/4で、勝ち時計は1分33秒9(稍)だった。騎乗したルメールは「こういう馬場は得意。一瞬しか脚を使えないけど、最後のスピードはスゴかった」と。このあとは放牧に出され、夏にクイーンS(7月30日)を使うことになりそうだ。  2着は外から追い込んだ11番人気のデンコウアンジュ。3着は7... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/05/15 06:17
ヴィクトリアマイル(GI)、京王杯スプリングC(GII)の展望
 ヴィクトリアマイル(GI・東京芝1600m)は古馬牝馬によるマイルの女王決定戦。かつては古馬の牝馬限定GIは秋のエリザベス女王杯しかなかったが、春にも必要という声が高まり、2006年に新設された。当競走の3週後に同じ東京、同じマイルで牡牝混合のGI安田記念が置かれており、そこに進む牝馬がいる。ちなみに13年は1着賞金が9000万円となっている。  第1回の勝ち馬はダンスインザムード。第2回の覇者は12番人気のコイウタで、2着に9番人気のアサヒライジング、3着に8番人気のデアリングハートと続い... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/05/11 16:13
アエロリットがマイル決戦をV、今週はヴィクトリアマイル
 3歳の最強マイラーを決めるNHKマイルC(GI・東京芝1600m)を制したのは、2番人気の牝馬アエロリットだった。好スタートを切って好位の外で脚をタメ、直線で早めに先頭に並ぶと、粘り強く抜けて快勝した。着差は1馬身半で、勝ち時計は1分32秒3(良)だった。騎乗した横山典弘は「早めに行っても大丈夫だろうと思った。強かったね」と。このあとは秋に向けて充電に入る。  2着は13番人気の牝馬リエノテソーロ。好位の後ろに控え、直線で外に出して渋太く伸びてきた。3着は6番人気のボンセルヴィーソで、1番人... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/05/08 07:22
NHKマイルC(GI)、京都新聞杯(GII)、新潟大賞典(GIII)の展望
 NHKマイルカップ(GI・東京芝1600m)は3歳のマイル王決定戦。日本放送協会(NHK)が優勝杯を提供している。本競走の前身は1953年から95年まで東京優駿(日本ダービー)のトライアルとして行われていた芝2000mのNHK杯で、96年にマイルのGI競走として新たな歴史が始まることになった。なお、牡馬と牝馬のみの競走でセン馬は出走できない。  第1回の覇者はタイキフォーチュン。歴代の勝ち馬には、シーキングザパール、エルコンドルパサー、イーグルカフェ、クロフネ、キングカメハメハ、ラインクラフ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/05/04 16:32
キタサンブラックが連覇達成! 今週はNHKマイルC
 一線級が顔をそろえた天皇賞(春)(GI・京都芝3200m(外))を制したのは、1番人気の支持を受けた5歳のキタサンブラックだった。離れた2番手で自分のリズムを守り、直線で早々と抜け出して渋太く押し切った。着差は1馬身1/4で、勝ち時計はレコードタイムとなる3分12秒5(良)だった。騎乗した武豊は「勝たなければならない立場。ラストは苦しくなったけど、この馬にしか耐えられないペース」と。昨年に続いて連覇を達成し、次走は宝塚記念(6月25日)になる。秋は凱旋門賞に挑戦することになるかもしれない。 ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/05/01 07:16

<<  2017年5月のブログ記事  >> 

トップへ

最強の男の競馬ブログ 2017年5月のブログ記事/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる