最強の男の競馬ブログ

アクセスカウンタ

zoom RSS サトノアラジンが春のマイル王に! 今週は重賞二本立て

<<   作成日時 : 2017/06/05 08:26   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 春の最強マイラーを決める安田記念(GI・東京芝1600m)を制したのは、7番人気の6歳馬サトノアラジンだった。レースがハイペースで流れる中で後方に待機し、直線で外から豪快に伸びて追い込み切った。着差はクビで、勝ち時計は1分31秒5(良)だった。騎乗した川田将雅は「リズム良く走ることだけを考えていた。やっとGIを勝つことができた」と。次走は未定で、フランスのジャックルマロワ賞(8月13日)に挑戦する可能性もある。
 2着は連覇を狙ったロゴタイプ。昨年よりもずっと速いペースで逃げることになったが、最後まで渋太く踏ん張った。3着は直線で外に出して差し込んだレッドファルクス。

 宝塚記念につながる鳴尾記念(GIII・阪神芝2000m(内))を勝ったのは、3番人気の6歳馬ステイインシアトルだった。ジワッとハナに立ってゆったりとしたペースで逃げ、直線で粘り腰を発揮して押し切った。着差はクビで、勝ち時計は1分59秒4(良)だった。騎乗した武豊は「自分のペースで運ぶと強い。まだまだ良くなる余地を残している」と。次走は函館記念(7月16日)か小倉記念(8月6日)のどちらかになりそうだ。
 2着は1番人気の7歳牝馬スマートレイアー。タメる競馬から直線でグッと伸びたが、クビだけ届かなかった。3着は好位のインを進んで渋太く抵抗した6歳のマイネルフロスト。

 今週は府中で古馬が争うエプソムカップ(GIII・東京芝1800m)、阪神で牝馬重賞のマーメイドS(GIII・阪神芝2000m(内))が行われる。エプソムカップにはアストラエンブレム、タイセイサミット、マイネルミラノ ヒストリカルが、マーメイドSにはトーセンビクトリー、マキシマムドパリ、クインズミラーグロ、ビッシュが登録していて、どちらも見応えある競馬になりそうだ。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文
サトノアラジンが春のマイル王に! 今週は重賞二本立て 最強の男の競馬ブログ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる