最強の男の競馬ブログ

アクセスカウンタ

zoom RSS セダブリランテスとシャイニングレイがV! 今週は七夕賞

<<   作成日時 : 2017/07/03 12:39   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 3歳馬がぶつかり合ったラジオNIKKEI賞(GIII・福島芝1800m)を制したのは、2番人気のセダブリランテス(ハンデ54キロ)だった。3番手で前を見て進み、勝負どころからしごかれながら渋太く脚を使って勝ち切った。着差はクビで、勝ち時計は1分46秒6(良)だった。騎乗した石川裕紀人は「自信を持って乗れた。直線はよく伸びてくれた。」と。このあとは放牧に出され、秋の大レースに備えることになる。
 2着は逃げて粘りを発揮したウインガナドル(53キロ)で、2着は大外から伸びたロードリベラル(53キロ)。トップハンデ57キロで1番人気に推されていたサトノクロニクルは6着に終わっている。

 短距離重賞のCBC賞(GIII・中京芝1200m)を勝ったのは、2番人気のシャイニングレイ(ハンデ56キロ)だった。スタートがひと息で後方を進む形になったが、直線で外から豪快に伸びて追い込み切った。着差はハナで、勝ち時計は1分08秒0(良)だった。騎乗した北村友一は「本当にスゴイ馬。前半に比較的、穏やかに走れたことが最後の爆発力につながった」と。このあとは放牧に出される予定で、秋はスプリンターズSへの挑戦が視野に入ってくる。
 2着は2番手を追走して一旦は抜け出したセカンドテーブル(56キロ)で、3着は果敢に逃げたアクティブミノル(56キロ)。1番人気のメラグラーナ(55キロ)は10着に敗れている。

 今週は福島で中距離重賞の七夕賞(GIII・福島芝2000m)、中京でダート重賞のプロキオンS(GIII・中京ダ1400m)が行われる。七夕賞にはゼーヴィント、ヴォージュ、マイネルフロストが、プロキオンSにはエイシンバッケン、カフジテイク、キングズガードが登録しており、どちらも見逃すことはできない。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文
セダブリランテスとシャイニングレイがV! 今週は七夕賞 最強の男の競馬ブログ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる