最強の男の競馬ブログ

アクセスカウンタ

zoom RSS ゼーヴィントとキングズガードが重賞V、今週は函館記念

<<   作成日時 : 2017/07/10 07:53   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 中距離重賞の七夕賞(GIII・福島芝2000m)を制したのは、1番人気の支持を受けたゼーヴィント(ハンデ57キロ)だった。中位の少し後ろを進み、3コーナー過ぎから外を動いていくと、直線で粘り強く伸びて差し切った。着差は3/4馬身で、勝ち時計は1分58秒2(良)だった。騎乗した戸崎圭太は「ペースが速くなったけど、その中で渋太く伸びてくれた。まだ上を目指せる」と。次走は未定で、秋は天皇賞(秋)(10月29日)などが視野に入ってくる。
 2着はマイネルフロスト(57キロ)。離れた4番手を追走して4コーナー前で早々と先頭に立ち、存分に見せ場をつくった。3着にはソールインパクト(53キロ)が続いている。

 ダート重賞のプロキオンS(GIII・中京ダ1400m)を勝ったのは、5番人気のキングズガードだった。後方のインで脚をタメ、直線で外に出すとグイグイ伸びて力強く抜け出した。着差は2馬身で、勝ち時計は1分22秒9(良)だった。騎乗した藤岡佑介は「ロスなく立ち回ることができた。直線はこの馬らしい伸びだった」と。次走は佐賀のサマーチャンピオン(8月16日)を予定している。
 2着は1番人気のカフジテイク。勝ち馬の少し前を進んでこちらも直線で外に出し、しっかりと脚を使った。3着は後方追走から早めに外をマクッていったブライトライン。

 今週は北の地で函館記念(GIII・函館芝2000m)が行われる。サトノアレス、ステイインシアトル、マイネルミラノ、ツクバアズマオー、サクラアンプルールといった実力馬が姿を見せ、手に汗握る激しいバトルが繰り広げられることになりそうだ。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文
ゼーヴィントとキングズガードが重賞V、今週は函館記念 最強の男の競馬ブログ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる