最強の男の競馬ブログ

アクセスカウンタ

zoom RSS ローズプリンスダムとタツゴウゲキがV、今週は関屋記念

<<   作成日時 : 2017/08/07 07:03   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 3歳馬が争ったレパードS(GIII・新潟ダ1800m)を制したのは、11番人気の伏兵馬ローズプリンスダムだった。中位の前のインでじっくりとタメ、直線で外に出すとグイグイ伸びて差し切った。着差は1馬身1/4で、勝ち時計は1分52秒9(良)だった。騎乗した木幡巧也は「内めのいいところが取れた。直線はムチに応えてくれた」と。今後のローテーションは決まっていない。
 2着は逃げて粘りを発揮した12番人気のサルサディオーネ。断然の1番人気に推されたエピカリスは、直線で捌きづらくなって3着に終わっている。なお、3連単は80万馬券になった。

 ハンデ重賞の小倉記念(GIII・小倉芝2000m)を勝ったのは、4番人気のタツゴウゲキ(52キロ)だった。好位のインで脚をタメ、直線は内から伸びてサンマルティンとの叩き合いに勝った。着差はハナで、勝ち時計は1分57秒6(良)だった。騎乗した秋山真一郎は「勝負どころの手応えが良かった。最後は何とか届いてくれた」と。順調なら新潟記念(9月3日)に進むことになりそうだ。
 2着はサンマルティン(54キロ)。早めに外を動いて一旦は抜け出したが、最後で競り負けた。3着はフェルメッツァ(55キロ)で、1番人気のストロングタイタン(55キロ)は8着に敗れている。

 今週は新潟でマイル重賞の関屋記念(GIII・新潟芝1600m)、札幌でダート重賞のエルムS(GIII・札幌ダ1700m)が行われる。関屋記念にはウインガニオン、ロードクエスト、ブラックムーン、メートルダールが、エルムSにはテイエムジンソク、クリノスターオー、ピオネロが登録していて、どちらも激戦になりそうだ。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文
ローズプリンスダムとタツゴウゲキがV、今週は関屋記念 最強の男の競馬ブログ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる