最強の男の競馬ブログ

アクセスカウンタ

zoom RSS ダノンプレミアムが2歳のマイル王に! 今週は有馬記念

<<   作成日時 : 2017/12/18 08:30   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 2歳の最強マイラーを決定する朝日杯フューチュリティS(GI・阪神芝1600m(外))を制したのは、1番人気の支持を受けたダノンプレミアムだった。1番枠から好位につけて手応え良く追走し、直線で一気に抜け出して圧勝した。着差は3馬身半で、勝ち時計はレースレコードとなる1分33秒3(良)だった。騎乗した川田将雅は「自信を持ってゴーサインを出した。いい跳び、いい加速、期待通りのレースだった」と。来春の目標は、もちろんクラシック。皐月賞やダービーを沸かせることになりそうだ。
 2着はステルヴィオ。直線で加速するのが遅れたが、狭いところを割って伸びた。3着はタワーオブロンドン。勝ち馬をマークして進んだが、道中で少し力みがあり、引き離されてしまった。

 牝馬重賞のターコイズS(GIII・中山芝1600m)を勝ったのは、5番人気の3歳馬ミスパンテール(ハンデ53キロ)だった。中位馬群で脚をタメ、直線で前が開くのを待つ。残り100mで狭いところに突っ込み、グッと伸びてクビだけ出た。勝ち時計は1分34秒2(良)だった。騎乗した横山典弘は「素晴らしい切れ味だった。もう少し落ち着いてくるといい」と。今後のローテーションは未定で、来春はヴィクトリアマイルを目指すことになる。
 2着はフロンテアクイーン(53キロ)。勝ち馬と同じく馬群を割ったが、最後で交わされた。3着はデンコウアンジュ(55キロ)で、1番人気のラビットラン(55キロ)は4着に終わっている。

 今週は2017年の総決算レースとなる有馬記念(GI・中山芝2500m)が行われる。キタサンブラック、シュヴァルグラン、サトノクラウン、スワーヴリチャード、ミッキークイーンなど、一線級で活躍する実力馬がズラリ勢ぞろい。最後を締めくくるにふさわしい、手に汗握る激闘が演じられることになりそうだ。
 他、中山に障害界の最強馬を決める中山大障害(J・GI、中山芝4100m)、阪神に短距離重賞の阪神カップ(GII・阪神芝1400m(内))が組まれていて、こちらも見逃すことはできない。

 週が変わって、28日(木)にも中央競馬の開催がある。場所は中山と阪神で、中山ではGIに昇格した2歳重賞のホープフルS(GI・中山芝2000m)が行われる。
 また、29日(金)に大井競馬場で施行される東京大賞典(GI・大井ダ2000m(外))の予想を提供するので、こちらも注目していただけたらと思う。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文
ダノンプレミアムが2歳のマイル王に! 今週は有馬記念 最強の男の競馬ブログ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる