アクセスカウンタ

<<  2018年4月のブログ記事  >>  zoom RSS

トップへ

タイトル 日 時
レインボーラインがGI初制覇! 今週はNHKマイルC
 最強ステイヤーを決める天皇賞(春)(GI・京都芝3200m(外))を制したのは、2番人気のレインボーラインだった。中位の後ろで脚をタメ、直線で馬群を割って伸びてシュヴァルグランを内から差した。着差はクビで、勝ち時計は3分16秒2(良)だった。  騎乗した岩田康誠は「出入りの忙しいレースにうまく対応してくれた。直線は絶対にいい脚を使ってくれると思っていた」と。同馬は初のGI制覇。レース後に岩田が下馬して心配されたが、右前肢跛行の診断で重症ではなかった。復帰が待たれる。  シュヴァルグランは1... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 7 / トラックバック 0 / コメント 0

2018/04/30 08:21
天皇賞(春)(GI)、青葉賞(GII)の展望
 天皇賞(春)(GI・京都芝3200m(外))は春の長距離王決定戦。1905年(明治38年)に始まった帝室御賞典が前身で、日本競馬会が創設された37年が第1回の帝室御賞典になり、この年から年2回施行されることになった。37年の秋は2600m、38年の春は2700mで、38年の秋から3200mになって、以降は2回とも長くこの距離で行われていた。帝室御賞典が天皇賞という競走名になったのは47年の秋から。秋の大会が2000mになったのは84年のことになる。なお、春の大会は57年から国民の祝日だった「天... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 7 / トラックバック 0 / コメント 0

2018/04/26 16:10
サトノワルキューレが樫TRを制覇! 今週は天皇賞(春)
 オークストライアルのフローラS(GII・東京芝2000m)を制したのは、1番人気の関西馬サトノワルキューレだった。出遅れて最後方を進む形になったが、直線で外から猛然と伸びて追い込み切った。着差はクビで、勝ち時計は1分59秒5(良)だった。  騎乗したミルコ・デムーロは「スタートはいつも早くない。伸びる時はスゴイ脚を使ってくれるからね」と。本番のオークス(5月20日)でも注目される存在になる。  2着は13番人気のパイオニアバイオ。好位の後ろの外を追走し、直線で早めに先頭に並んで渋太く抵抗し... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 7 / トラックバック 0 / コメント 0

2018/04/23 08:00
フローラS(GII)、マイラーズC(GII)、福島牝馬S(GIII)の展望
 フローラステークス(GII・東京芝2000m)は3歳の牝馬が争う優駿牝馬(オークス)のトライアル競走。サンケイスポーツを発行する産業経済新聞社が優勝杯を提供しており、正式名称はサンケイスポーツ賞フローラステークスとなっている。創設されたのは1966年(昭和41年)になり、当初は4歳牝馬特別という競走名で芝1800mでの施行だった。75年になると東京4歳牝馬特別に変わり、83年に4歳牝馬特別に戻る。グレード制が敷かれた84年にGIIに格付けされ、87年に距離が2000mに延びた。01年になって名... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 6 / トラックバック 0 / コメント 0

2018/04/19 16:12
エポカドーロが一冠目をゲット! 今週は重賞三本立て
 牡馬クラシック第一弾の皐月賞(GI・中山芝2000m)を制したのは、7番人気のエポカドーロだった。大きく離れた4番手でじっくりと乗られ、直線に入るとグイグイ伸びて抜け出した。着差は2馬身で、勝ち時計は2分00秒8(稍)だった。  騎乗した戸崎圭太は「馬は落ち着いていて、返し馬から違った。先生(藤原英昭調教師)と練った作戦通りの展開になった。追い出すと、反応良く伸びてくれた」と。ダービー(5月27日)に進んで二冠制覇を狙う。  2着は勝ち馬の後ろを追走して脚を伸ばした9番人気のサンリヴァル。... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 6 / トラックバック 0 / コメント 0

2018/04/16 08:20
皐月賞(GI)、中山グランドJ(J・GI)、アンタレスS、アーリントンCの展望
 皐月賞(GI・中山芝2000m)は牡馬クラシックの第一弾。競走名は陰暦で5月を表す皐月(さつき)に由来する。創設されたのは1939年(昭和14年)と古く、第1回は今はなき横濱競馬場で横濱農林省賞典4歳呼馬という競走名で施行された(条件は芝1850m)。43年になると東京競馬場に移って芝1800m戦になる。戦時中は中止になり、47年になると芝2000mになって同時に競走名が農林省賞典に変わった。49年から中山競馬場の芝1950mになり、この年から現行の皐月賞になっている。1950年に芝2000m... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 6 / トラックバック 0 / コメント 0

2018/04/12 16:49
アーモンドアイが桜の女王に! 今週は皐月賞
 牝馬クラシック第一弾の桜花賞(GI・阪神芝1600m(外))を制したのは、2番人気の関東馬アーモンドアイだった。後方に待機して体力を温存し、直線でエンジンがかかると外から強烈な切れ味で伸びて追い込み切った。着差は1馬身3/4で、勝ち時計は桜花賞レコードとなる1分33秒1(良)だった。  騎乗したルメールは「瞬発力はアンビリーバブルだった。オークスも勝てると思う。トリプルクラウンもえられる」と。このあと、オークス(5月20日)に進んで二冠目を狙う。  2着は1番人気のラッキーライラック。好位... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 6 / トラックバック 0 / コメント 0

2018/04/09 07:19
桜花賞(GI)、ニュージーランドT(GII)、阪神牝馬S(GII)の展望
 桜花賞(GI・阪神芝1600m(外))はマイルで争われる牝馬クラシックの第一弾。イギリスの1000ギニーを範として1939年(昭和14年)につくられた競走である。当初は中山競馬場の芝1800mで行われ、競走名は中山4歳牝馬特別だった。47年になると施行場所を京都競馬場に移して距離が1600mになり、この年に桜花賞という名称に変わった。50年から阪神競馬場の芝1600mでの施行になり、07年からはコース改修によってできた外回りの芝1600mで施行されている。  第1回の覇者はソールレデイで、マ... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 12 / トラックバック 0 / コメント 0

2018/04/05 16:29
スワーヴリチャードがGI初制覇! 今週は桜花賞
 中距離GIの大阪杯(GI・阪神芝2000m(内))を制したのは、1番人気に推された4歳のスワーヴリチャードだった。序盤はじっくりと構え、向正面の中ほどから外を一気に上がって3コーナーで早くも先頭に並ぶ。直線で後続をグッと離し、そのまま渋太く押し切った。着差は3/4馬身で、勝ち時計は1分58秒2(良)だった。  騎乗したミルコ・デムーロは「ペースが遅くなれば動こうと思っていた。本当にいい脚を使ってくれた」と。待望のGI制覇を果たし、次走は宝塚記念(6月24日)になりそうだ。  2着は4歳のペ... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 7 / トラックバック 0 / コメント 0

2018/04/02 09:37

<<  2018年4月のブログ記事  >> 

トップへ

最強の男の競馬ブログ 2018年4月のブログ記事/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる