最強の男の競馬ブログ

アクセスカウンタ

zoom RSS サトノアーサーとアンドリエッテがV! 今週から函館が開幕

<<   作成日時 : 2018/06/11 07:47   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

 雨が降る中で争われたエプソムC(GIII・東京芝1800m)を制したのは、2番人気の4歳馬サトノアーサーだった。好位の後ろの外で脚をタメ、直線でエンジンがかかると一気に伸びて早めに抜け出す。そのまましっかりと脚を使って押し切った。着差は半馬身で、勝ち時計は1分47秒4(重)だった。
 騎乗した戸崎圭太は「スタートがよく、思ったよりいい位置につけることができた。今日の勝ちっぷりなら、先々が楽しみ」と。今後のローテーションは決まっていない。
 2着は4番人気のハクサンルドルフ。後方に待機し、直線で長く脚を使って差し込んだ。3着は勝ち馬を追う形で伸びたグリュイエールで、1番人気のダイワキャグニーは14着に敗れている。

 牝馬重賞のマーメイドS(GIII・阪神芝2000m(内))を勝ったのは、10番人気のアンドリエッテ(ハンデ51キロ)だった。控えてインに待機し、直線で内めを割って伸びて勝ち切った。着差はクビで、勝ち時計は1分59秒1(良)だった。
 騎乗した国分恭介は「内にこだわり、慌てずに外にいた馬の内を突いた。一瞬の脚が速かったね」と。今後のローテーションは決まっていない。
 2着はワンブレスアウェイ(53キロ)。中位のインでタメ、直線で馬群を割って脚を使った。3着はミエノサクシード(54キロ)で、1番人気のレイホーロマンス(52キロ)は6着に終わっている。

 今週は府中で3歳馬がダートで争うユニコーンS(GIII・東京ダ1600m)、開幕週になる函館で短距離重賞の函館スプリントS(GIII・函館芝1200m)と、2つの重賞が行われる。どちらも好メンバーで、激しいバトルが繰り広げられることになりそうだ。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文
サトノアーサーとアンドリエッテがV! 今週から函館が開幕 最強の男の競馬ブログ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる