最強の男の競馬ブログ

アクセスカウンタ

zoom RSS メドウラークとマテラスカイが重賞V、今週は函館記念

<<   作成日時 : 2018/07/09 07:47   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 ハンデ重賞の七夕賞(GIII・福島芝2000m)を制したのは、11番人気の伏兵馬メドウラーク(54キロ)だった。後方で脚をタメ、3コーナー過ぎから外のマイネルサージュと並んで上がっていくと、直線で渋太く伸びて勝ち切った。着差はクビで、勝ち時計は2分00秒8(良)だった。
 騎乗した丸田恭介は「道悪が上手な馬(発表は良馬場)。いいリズムで回ってくることができたし、直線はいい伸びだった」と。このあとはサマー2000シリーズを戦っていくことになる。
 2着は4番人気のマイネルサージュ(55キロ)で、3着はシンガリ12番人気のパワーポケット(50キロ)。1番人気のサーブルオールは4着に終わり、3連単は256万馬券になった。

 ダート重賞のプロキオンS(GIII・中京ダ1400m)を勝ったのは、5番人気のマテラスカイだった。好ダッシュからハナを奪って軽快に飛ばし、後続を寄せつけず4馬身差で逃げ切った。勝ち時計は日本レコードを大幅に更新する1分20秒3(不)だった。
 騎乗した武豊は「1400mが心配だったけど、問題なかった。立派なタイムだし、本当に強かった」と。このあとは放牧に出され、秋はJBCスプリント(11月4日)を目標に置くことになる。
 2着は1番人気のインカンテーション。後方の追走になったが、直線で馬群を捌いて伸びて連対圏に飛び込んだ。3着には2番手を進んだウインムート(2番人気)が頑張っている。

 今週は北の地で函館記念(GIII・函館芝2000m)が行われる。サクラアンプルール、スズカデヴィアス、トリコロールブルー、ブラックバゴ、ナイトオブナイツといった実力馬が姿を見せ、手に汗握る激しいバトルが繰り広げられることになりそうだ。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文
メドウラークとマテラスカイが重賞V、今週は函館記念 最強の男の競馬ブログ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる