アクセスカウンタ

プロフィール

ブログ名
最強の男の競馬ブログ
ブログ紹介
大谷内 泰久(おおやうちやすひさ) 
1971年12月20日東京生まれ。
大学在学中から“競馬予想の天才”として注目を浴び、卒業後は専門紙「競馬研究」に入社。わずか2年目で本紙予想者に抜てきされる。
その後は「優駿クラブ」に在籍。現在は三恵書房が提供するサイト「最強の男の100万馬券予想」で予想を披露し、同時に競馬の醍醐味をファンに伝えることに精力を注いでいる。
キャリアを積むことやマスコミの力を使うことで名を売っていく予想家が多い中、純粋に“当てる”ことで勝負してきた数少ない予想家のひとりである。


↑「最強の男の100万馬券予想」はこちら

zoom RSS ブログ 新着記事

タイトル 日 時
伏兵のフィエールマンが菊を制覇! 今週は天皇賞(秋)
 牡馬クラシック最終戦の菊花賞(GI・京都芝3000m(外))を制したのは、7番人気の伏兵馬フィエールマンだった。道中は好位の後ろでじっくりと構え、直線で馬群を割って出て伸びる。最後は外のエタリオウとの叩き合いになり、渋太く勝ち切った。着差はハナで、勝ち時計は3分06秒1(良)だった。  騎乗したルメールは「直線で抜け出すのに時間がかかった。いい反応、いい切れ味で、よく届いてくれた」と。次走は体調を見つつ決められ、有馬記念(12月23日)への参戦が視野に入っている。  2着のエタリオウはゲー... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/10/22 07:46
菊花賞(GI)、富士S(GIII)の展望
 菊花賞(GI・京都芝3000m(外))は京都競馬場の外回り芝3000mで施行される牡馬三冠の最終戦。イギリスのセントレジャーステークスを範として1938年(昭和13年)に創設され、当初は競走名が京都農林省賞典4歳呼馬だった。43年に京都農商省賞典4歳呼馬、46年には農林省賞典4歳馬に変わり、48年に菊花賞となって現在に至っている。京都芝3000m(外)という条件は変わっていない。  第1回の覇者はテツモン。41年の第3回でセントライトが優勝し、史上初の三冠馬になった。ほか、64年にシンザン、... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/10/18 18:02
アーモンドアイが牝馬三冠を達成! 今週は菊花賞
 牝馬三冠の最終戦となる秋華賞(GI・京都芝2000m(内))を制したのは、断然の1番人気に支持された東のアーモンドアイだった。中位の後ろでじっくりと脚をタメ、直線で外から猛然と伸びて突き抜けた。着差は1馬身半で、勝ち時計は1分58秒5(良)。自身の上がりは33秒6だった。  騎乗したルメールは「大外から行かないといけなかったけど、直線は素晴らしい脚で頑張ってくれた。ファンタスティックホースです」と。いずれも完勝で牝馬三冠を達成し、このあとはジャパンカップ(11月25日)への挑戦を視野に入れて... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/10/15 07:39
秋華賞(GI)、府中牝馬(GII)の展望
 秋華賞(GI・京都芝2000m(内))は京都競馬場で行われる牝馬三冠の最終戦。一般的にクラシック競走の1つととらえられているが、実際は本場イギリスのクラシックに本競走に該当するレースはなく、クラシック競走という位置付けにはなっていない。かつて牝馬三冠の最終戦はエリザベス女王杯がその役割をつとめていたが、96年にエリザベス女王杯は古馬混合のGIになり、それに代わる形で本競走が創設された。また、本競走は創設当初から混合競走で、外国産馬も出走できる。京都の内回り2000mという施行条件は創設時から変... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/10/11 16:07
アエロリットとサトノダイヤモンドがV、今週は秋華賞
 一線級の実力馬がそろった毎日王冠(GII・東京芝1800m)を制したのは、1番人気の4歳牝馬アエロリットだった。好スタートを切って軽快なピッチで逃げ、直線で渋太く脚を使って押し切った。着差は1馬身1/4で、勝ち時計は1分44秒5(良)だった。  騎乗したモレイラは「リラックスしてスムースなレースができたいい反応で最後まで伸びた」と。次走は決まっておらず、マイルチャンピオンシップ(11月18日)などが候補に入っている。  2着は3歳のステルヴィオ。中位で脚をタメ、直線で外からグイグイ伸びて連... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/10/09 07:09
毎日王冠(GII)、京都大賞典(GII)、サウジアラビアRC(GIII)の展望
 毎日王冠(GII・東京芝1800m)は天皇賞(秋)の前哨戦的となる重要な芝の中距離GII。優勝馬には毎日新聞社より毎日新聞社賞が贈られる。創設されたのは1950年(昭和25年)のことになり、当初は芝2500mで施行されていた。その後、いくたびかの距離変更があり、62年から芝2000mに定着した。84年になると天皇賞(秋)が芝3200mから芝2000mに短縮され、これに伴って本競走も芝1800mに短縮されることになる。また、この年にGIIに格付けされた。96年に国際競走となり、01年になって国際... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/10/04 16:02
ファインニードルが2度目のGI制覇! 今週は3日間開催
 雨中の決戦となったスプリンターズS(GI・中山芝1200m)を制したのは、1番人気の支持を受けたファインニードルだった。中位で流れに乗って脚をタメ、直線でパワフルに伸びて差し切った。着差はクビで、勝ち時計は1分08秒3(稍)だった。  騎乗した川田将雅は「4コーナーの手応えはあまり良くなかったけど、直線で脚を使ってくれた。国内のスプリント界で一番強い馬」と。春の高松宮記念に続いて2つ目のGIタイトルを獲り、次走は香港スプリント(12月9日)などが候補に挙がっている。  2着は11番人気の3... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/10/03 09:55
スプリンターズS(GI)、シリウスS(GIII)の展望
 スプリンターズステークス(GI・中山芝1200m)は下半期の最強スプリンター決定戦。春の高松宮記念と対をなす競走である。創設されたのはグレード制が敷かれる前の1967年(昭和42年)で、当時はGI級の格を有しておらず、負担重量もハンデキャップだった。84年にGIIIに格付けされ、87年になるとGIIに昇格して90年にGI競走になった。GIになった当初は12月の施行だったが、00年から秋口に移っている。06年に国際GIに認定された。  第1回の覇者はオンワードヒル。GIになる前には、タケシバオ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/09/27 16:12
レイデオロとワグネリアンがV、今週はスプリンターズS
 古馬の一線級がそろったオールカマー(GII・中山芝2200m)を制したのは、1番人気に推された4歳世代のダービー馬レイデオロだった。道中は中位の後ろでじっくりと脚をタメての追走。直線は先に先頭に立ったアルアインの内を突き、グッと伸びてこれを交わした。着差はクビで、勝ち時計は2分11秒2(良)だった。  騎乗したルメールは「道中はリラックスして息も入った。ラスト100mは彼の能力が出せた」と。次走は天皇賞(秋)(10月28日)かジャパンC(11月25日)のどちらかになる模様。  2着は4歳の... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/09/24 10:37
オールカマー(GII)、神戸新聞杯(GII)の展望
 オールカマー(GII・新潟芝2200m(内))は秋の中山開催で行われる古馬の重賞競走。優勝馬には産経新聞社から産経新聞社賞が贈られ、正式名称は産経賞オールカマーとなっている。競走名は英語のall(みんな)とcomer(来る)を合成した言葉で、その名の通り門戸を広げた競走として1955年(昭和30年)に創設された。当初はアングロアラブが挑むケースもあったが、現在はアラブは中央競馬を走ることができなくなっている。距離は2000mで行われてきて、84年に現行の2200mに延長になった。この84年にG... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/09/20 16:31
ジェネラーレウーノとカンタービレがV、今週はGIIが2鞍
 菊花賞トライアルのセントライト記念(GII・中山芝2200m)を制したのは、4番人気のジェネラーレウーノだった。タニノフランケルが大逃げを打ち、離れた2番手を追走。直線に向いてしっかりと脚を使い、残り150mで抜けて押し切った。着差は1馬身1/4で、勝ち時計は2分12秒1(良)だった。  騎乗した田辺裕信は「馬の気分を損ねないようにした。早めに追い出す形になったけど、直線で楽に交わしてくれた」と。次走は決まっていないが、菊花賞(10月21日)も候補に入っている。  2着は断然の1番人気に推... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/09/18 07:51
セントライト記念(GII)、ローズS(GII)の展望
 セントライト記念(GII・中山芝2200m)は秋の中山で行われる菊花賞のトライアル競走。日本競馬史上初の三冠馬となったセントライトの偉業をたたえてつくられた競走で、第1回は1947年(昭和22年)に施行された。名称はセントライト記念だった。創設当初は東京競馬場の芝2400mで行われていたが、条件は幾度か変わり、80年から現行の中山芝2200mに落ち着いている。グレード制が敷かれた84年にGIIIに格付けされ、87年にGIIに格上げになった。95年からは菊花賞のトライアルに指定されて、上位3着ま... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/09/10 16:52
ファインニードルが秋緒戦を快勝! 今週は3日間開催
 雨が降る中で行われたセントウルS(GII・阪神芝1200m(内))を制したのは、1番人気のファインニードルだった。14番枠から好位の後ろにつけ、直線でパワフルに伸びて抜け出した。着差は1馬身半で、勝ち時計は1分08秒8(重)だった。  騎乗した川田将雅は「4角でつかまえられると思った。状態がスゴくいいわけではない中で勝てたのは素晴らしい」と。スプリンターズS(9月30日)に進んで、高松宮記念に続くGI制覇を狙う。  2着は2番人気の3歳牝馬ラブカンプー。競られての逃げで前半3ハロンが33秒... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/09/10 08:06
セントウルS(GII)、京成杯オータムH(GIII)、紫苑S(GIII)の展望
 セントウルステークス(GII・阪神芝1200m(内))はスプリンターズSにつながる重要な短距離重賞。競走名はギリシャ神話に出てくる上半身が人間で腰から下が馬という想像上の生き物「ケンタウロス」に由来する。ケンタウロスを英語読みするとセントウル(centaur)になる。阪神競馬場の敷地内には「セントウルガーデン」という公園があり、そこには「セントウル像」が飾られている。また、ケンタウロスは人馬一体の神であり、アメリカでは腕のあるジョッキーを、畏敬の念を込めてセントウルと呼ぶことがある。なお、1着... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2018/09/06 16:30
ブラストワンピースが圧巻のV、今週から秋競馬が開幕
 ハンデ重賞の新潟記念(GIII・新潟芝2000m(外))を制したのは、1番人気の3歳馬ブラストワンピース(54キロ)だった。後方でじっくりと脚をタメ、直線に向くと外から猛然と伸びて突き抜けた。着差は1馬身3/4で、勝ち時計は1分57秒5(良)だった。  騎乗した池添謙一は「落ち着きがあったのが一番。直線は手応えが違ったし、抜け出してからも余裕があった」と。このあとは放牧に出され、直行で菊花賞(10月21日)に挑むことになる。  2着は6番人気のメートルダール(57キロ)。最後方を進んで直線... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/09/03 07:53
新潟記念(GIII)、小倉2歳S(GIII)、札幌2歳S(GIII)の展望
 新潟記念(GIII・新潟芝2000m(外))は新潟競馬場の外回りコースで行われるハンデキャップ重賞。正式名称は農林水産省賞典新潟記念となっている。かつては関屋地区にあった新潟競馬場だが、1964年(昭和39年)に現在の地に移転された。本競走は、その翌年の65年に創設された重賞になる。施行距離の芝2000m、負担重量のハンデキャップは当初から変わっていない。ただ、新潟競馬場は以前は右回りの競馬場だったものが、01年から左回りのコースに変わっている。外回りの直線距離は日本最長の659mになった。0... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/08/30 16:10
ケイデンスコールとナックビーナスがV、今週は新潟記念
 2歳重賞の新潟2歳S(GIII・新潟芝1600m(外))を制したのは、1番人気の支持を受けたロードカナロア産駒のケイデンスコールだった。じっくりと脚をタメる競馬から直線に向くと大外へ。渋った馬場の中をグイグイ伸びて差し切った。着差はクビで、勝ち時計は1分35秒5(稍)だった。  騎乗した石橋脩は「緩さが残る中で、これだけの脚を使ってくれた。今後が楽しみ」と。このあとは放牧に出され、暮れの朝日杯フューチュリティS(12月16日)を目標に調整されることになる。  2着は2番人気のアンブロークン... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/08/27 12:00
新潟2歳S(GIII)、キーンランドC(GIII)の展望
 新潟2歳ステークス(GIII・新潟芝1600m(外))は夏の新潟開催で行われる2歳重賞。1968年(昭和43年)に一般競走として創設された。当初は新潟3歳ステークスという競走名で、距離は芝1200mだった。81年になると重賞に格上げになって試行回数のカウントが始まり、グレード制が敷かれた84年にGIIIに格付けになっている。97年になって距離が芝1400mに延び、新潟競馬場が左回りの競馬場として生まれ変わった01年に競走名が現行の新潟2歳ステークスになった。そして、翌02年から距離がさらに1ハ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/08/23 16:07
サングレーザーが札幌記念を制覇! 今週は重賞二本立て
 一線級が顔をそろえた札幌記念(GII・札幌芝2000m)を制したのは、2番人気の4歳馬サングレーザーだった。中位馬群でなだめつつ脚をタメ、直線で狭いところを割って伸びてマカヒキの内からハナだけ出た。勝ち時計は2分01秒1(稍)だった。  騎乗した福永祐一は「直線は1頭分のスペースに突っ込んでくれた。2000mをこなし、選択肢が広がった」と。次走は未定で、秋はまず天皇賞(秋)(10月28日)を目指すことになる。  2着のマカヒキ(1番人気)は後方を追走し、4コーナーで大外を追い上げる競馬。グ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/08/20 11:01
札幌記念(GII)、北九州記念(GIII)の展望
 札幌記念(GII・札幌芝2000m)は夏の札幌で行われる中距離重賞。創設されたのは1965年(昭和40年)で、当初は砂2000m(現在のダートとは異なる馬場)のハンデキャップ競走という施行条件だった。68年になると馬場改修によりダート2000mに変わる。74年までは左回りで行われ、グレート制が敷かれた84年にGIIIに格付けになった。89年は札幌競馬場の芝コース新設のためダ1700mで施行され、翌90年から現行と同じ芝2000mで争われるようになっている。97年になるとGIIに引き上げられ、別... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2018/08/16 16:12

続きを見る

トップへ

月別リンク

最強の男の競馬ブログ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる