最強の男の競馬ブログ

アクセスカウンタ

zoom RSS 札幌記念(GII)、北九州記念(GIII)の展望

<<   作成日時 : 2018/08/16 16:12   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

 札幌記念(GII・札幌芝2000m)は夏の札幌で行われる中距離重賞。創設されたのは1965年(昭和40年)で、当初は砂2000m(現在のダートとは異なる馬場)のハンデキャップ競走という施行条件だった。68年になると馬場改修によりダート2000mに変わる。74年までは左回りで行われ、グレート制が敷かれた84年にGIIIに格付けになった。89年は札幌競馬場の芝コース新設のためダ1700mで施行され、翌90年から現行と同じ芝2000mで争われるようになっている。97年になるとGIIに引き上げられ、別定戦に変更に。美浦・栗東の両トレセンの暑さを避けるために北海道で休養している一流馬は多く、秋のGIに向けて本競走を始動レースに選ぶケースがある。06年に同年に始まったサマー2000シリーズの一環に組み入れられた。
 第1回の覇者はハツライオー。ダート時代にはマーチス、ハクホオショウ、ライフタテヤマ、ダイナレターが勝っていて、芝になってからはメジロパーマー、ホクトベガ、マーベラスサンデー、エアグルーヴ(98年、99年と連覇)、セイウンスカイ、テイエムオーシャン、ファインモーション、ヘヴンリーロマンス、アドマイヤムーンと、GI馬の名前が並ぶ。07年は馬インフルエンザの影響で開催が延期になった(牝馬のフサイチパンドラが戴冠)。08年はタスカータソルテが1分58秒6のレコードで制覇。10年はアーネストリーが勝ち、同馬は翌11年に宝塚記念をレコードで制してGIホースになっている。11年の勝ち馬はトーセンジョーダンで、同馬は次走で天皇賞(秋)を1分56秒1の日本レコードで制した。前6年の勝ち馬は、フミノイマージン、トウケイヘイロー、ハープスター、ディサイファ、ネオリアリズム、サクラアンプルールとなっている。
 第54回の今年は16頭が登録してフルゲートの16頭立てになった。GI馬はマカヒキ(ダービー)、モズカッチャン(エリザベス女王杯)、ネオリアリズム(クイーンエリザベスII世C)の3頭で、GIIを勝っているのはサクラアンプルール、ミッキースワロー、サングレーザー、ゴーフォザサミット、クロコスミア。他にもスズカデヴィアス、マイスタイル、ナイトオブナイツ、サウンズオブアースなど力のある勢力がいて、手に汗握る熱戦が演じられることになるだろう。


 北九州記念(GIII・小倉芝1200m)は夏の小倉で行われるスプリント重賞。創設されたのは1966年(昭和41年)のことで、正式名称はテレビ西日本賞北九州記念となっている。創設当初は芝2000mのハンデキャップ競走で、以降は施行距離、負担重量に変遷がある。長く中距離重賞として親しまれてきて、06年になって条件が一変することになった。距離は前年までの芝1800mから芝1200mに詰まり、負担重量も前年までの別定からハンデキャップに変わっている。そして、この06年にサマースプリントシリーズの一環に組み入れられることになった。
 第1回の覇者はハジメリユウで、中距離時代の勝ち馬にはラフオンテース、ムービースター、エイシンプレストン、ダイタクバートラム、メイショウカイドウがいる。ダイタクバートラムが04年に芝1800mでマークした1分44秒1は今もJRAレコードとして残っている。スプリント重賞元年の06年は11番人気の牝馬コスモフォーチュンが勝ち、続く07年も11番人気の伏兵キョウワロアリングが勝利した。08年は牝馬のスリープレスナイトが勝ち、スリープレスは次走でスプリンターズSを制している。前6年の勝ち馬は、スギノエンデバー、ツルマルレオン、リトルゲルダ、ベルカント、バクシンテイオー、ダイアナヘイロー。
 第53回の今年は18頭が登録して17頭立てになった。トップハンデとなる56キロを背負うのは、アレスバローズ(CBC賞)、セカンドテーブル(京王杯2歳S)、トウショウピスト(オーロカップ(オープン特別))の3騎。続いて55.5キロがダイアナヘイロー(北九州記念、阪急杯)になるが、同馬は牝馬であり、牡馬だと57.5キロに該当するハンデになる。55キロ以下にもダイメイプリンセス(55キロ)、ナインテイルズ(54キロ)、アサクサゲンキ(53キロ)、ナガラフラワー(52キロ)、ラブカンプー(51キロ)、ゴールドクイーン(51キロ)、アンヴァル(50キロ)など、力のある短距離馬がズラリ。平坦小回りの小倉を舞台にハイレベルの激闘が繰り広げられることになりそうだ。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文
札幌記念(GII)、北九州記念(GIII)の展望 最強の男の競馬ブログ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる