最強の男の競馬ブログ

アクセスカウンタ

zoom RSS ダノンファンタジーが2歳女王に! 今週は朝日杯FS

<<   作成日時 : 2018/12/10 07:51   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 2歳女王決定戦の阪神ジュベナイルF(GI・阪神芝1600m(外))を制したのは、1番人気のダノンファンタジーだった。スタートは悪くなかったが、抑えて下げて後方でじっくりと乗られる。直線は外を伸ばし、さらに外から来たクロノジェネシスとの叩き合いに。交わされそうなシーンもあったが、最後にグッと出て勝ち切った。着差は半馬身で、勝ち時計は1分34秒1(良)だった。
 騎乗したクリスチャン・デムーロは「4コーナーから反応が良く、いい脚を使ってくれた。最後にファイティングスピリットを見せてくれた」と。来年はまず桜花賞(4月7日)を目指すことになる。
 2着のクロノジェネシス(2番人気)はトモが入らない感じでダッシュがつかず最後方から。直線で大外から伸びたが、最後は疲れてしまった。3着は4番人気のビーチサンバ。

 中距離重賞の中日新聞杯(GIII・中京芝2000m)を勝ったのは、1番人気の3歳馬ギベオン(ハンデ56キロ)だった。タテに長い展開の中、中位でポツンと囲まれずに追走。直線に向くと、一気に伸びて先頭に躍り出る。外から追ってきたショウナンバッハに一度は交わされたが、渋太く差し返して戴冠した。着差はハナで、勝ち時計は1分59秒3(良)だった。
 騎乗したクリスチャン・デムーロは「折り合いがついて、いい位置で運べた。スムーズに上がっていき、直線もいい脚を使ってくれた。素晴らしい馬」と。次走は決まっていない。
 2着のショウナンバッハ(54キロ)は12番人気の伏兵馬。後方追走から直線でグイグイ伸びて勝ち馬を交わしたが、盛り返されてハナだけ負けた。3着は7番人気のストロングタイタン(57キロ)。

 ダート重賞のカペラS(GIII・中山ダ1200m)を制したのは、混戦の中で1番人気に推されていた3歳のコパノキッキングだった。ダッシュがつかずに最後方に置かれる格好に。3コーナーから走りが楽になり、直線で大外から猛然と伸びて追い込み切った。着差は3/4馬身で、勝ち時計は1分10秒2(良)だった。
 騎乗した柴田大知は「ゲートで落ち着きすぎて後方からになったけど、最後はスゴイ脚だった。僕は跨っていただけ」と。来年は根岸S(1月27日)から始動する予定になっている。
 2着は11番人気のサイタスリーレッド。軽快に逃げて押し切りそうなムードだったが、最後は脚が上がって勝ち馬の強襲を許した。3着は内を捌いて伸びた2番人気のキタサンミカヅキ(船橋)。

 今週は阪神で2歳GIの朝日杯フューチュリティS(GI・阪神芝1600m(外))が行われる。牝馬のグランアレグリアが人気を集めることになりそうで、他にもアドマイヤマーズ、ケイデンスコール、ファンタジストなど、素質ある若駒がそろっている。直線は激しい攻防が繰り広げられることになりそうだ。
 中山には牝馬重賞のターコイズS(GIII・中山芝1600m)が組まれていて、こちらも見逃すことはできない。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文
ダノンファンタジーが2歳女王に! 今週は朝日杯FS 最強の男の競馬ブログ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる