アクセスカウンタ

プロフィール

ブログ名
最強の男の競馬ブログ
ブログ紹介
大谷内 泰久(おおやうちやすひさ) 
1971年12月20日東京生まれ。
大学在学中から“競馬予想の天才”として注目を浴び、卒業後は専門紙「競馬研究」に入社。わずか2年目で本紙予想者に抜てきされる。
その後は「優駿クラブ」に在籍。現在は三恵書房が提供するサイト「最強の男の100万馬券予想」で予想を披露し、同時に競馬の醍醐味をファンに伝えることに精力を注いでいる。
キャリアを積むことやマスコミの力を使うことで名を売っていく予想家が多い中、純粋に“当てる”ことで勝負してきた数少ない予想家のひとりである。


↑「最強の男の100万馬券予想」はこちら

zoom RSS ブログ 新着記事

タイトル 日 時
ダノンファンタジーが2歳女王に! 今週は朝日杯FS
 2歳女王決定戦の阪神ジュベナイルF(GI・阪神芝1600m(外))を制したのは、1番人気のダノンファンタジーだった。スタートは悪くなかったが、抑えて下げて後方でじっくりと乗られる。直線は外を伸ばし、さらに外から来たクロノジェネシスとの叩き合いに。交わされそうなシーンもあったが、最後にグッと出て勝ち切った。着差は半馬身で、勝ち時計は1分34秒1(良)だった。  騎乗したクリスチャン・デムーロは「4コーナーから反応が良く、いい脚を使ってくれた。最後にファイティングスピリットを見せてくれた」と。来... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/12/10 07:51
阪神ジュベナイルF(GI)、中日新聞杯(GIII)、カペラS(GIII)の展望
 阪神ジュベナイルフィリーズ(GI・阪神芝1600m(外))は2歳の牝馬が争う女王決定戦。正式名称は農林水産省賞典阪神ジュベナイルフィリーズとなっている。前身となるのは1949年(昭和24年)に始まった阪神3歳ステークスで、当時は関西圏の2歳最強馬を決めるという趣旨から牡牝混合の競走だった(施行距離は阪神芝1200m)。91年になると中山競馬場で行われていた朝日杯3歳ステークスが牡馬・セン馬の限定戦になり、同年に本競走は牝馬のみで争われる競走になった。同時に競走名が阪神3歳牝馬ステークスに変わっ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/12/06 17:10
3歳のルヴァンスレーヴがV、今週は阪神ジュベナイルF
 ダート最強馬を決めるチャンピオンズカップ(GI・中京ダ1800m)を制したのは、断然の1番人気に推された3歳のルヴァンスレーヴだった。スタートが決まって2番手につけ、道中の行きっぷりは抜群。直線で追い出されて力強く伸び、抜け出して快勝した。着差は2馬身半で、勝ち時計は1分50秒1(良)だった。  騎乗したミルコ・デムーロは「スタートも良くなってきたし、追ってからも素晴らしかった。この馬は夢がある」と。今後のローテーションは未定で、来年は海外への挑戦を視野に入れている。  2着は8番人気のウ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/12/03 08:51
チャンピオンズC(GI)、ステイヤーズS(GII)、チャレンジC(GIII)の展望
 チャンピオンズカップ(GI・中京ダ1800m)は世界の強豪を迎えて争われるダートの最高峰レース。2013年までジャパンカップダートとして施行されていた競走が名称変更になったものである。前身のジャパンカップダートは、芝で行われているジャパンカップのように、ダートでも国際競走を開催しようという趣旨で2000年に創設された。創設時は東京競馬場のダ2100mで行われ、08年から阪神競馬場のダ1800mで施行される。名称が変わって初年度となる14年から中京競馬場のダ1800mで争われることになった。なお... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/11/29 16:27
アーモンドアイが世界レコードでV、今週はチャンピオンズC
 府中で争われた大一番のジャパンカップ(GI・東京芝2400m)を制したのは、断然の1番人気に推された3歳の牝馬アーモンドアイだった。1番枠から好位のインにつけ、道中はなだめるぐらいの手応え。直線で逃げたキセキを目標に追い出され、しっかりととらえて抜け出した。着差は1馬身3/4で、勝ち時計は従来のレコードを1秒5も更新し、世界レコードでもある2分20秒6(良)だった。  騎乗したルメールは「直線でスゴイ脚を使ってくれた。僕はただの乗客だった。素晴らしい馬です」と。年内は使わず、来年はドバイの国... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/11/26 09:54
ジャパンカップ(GI)、京阪杯(GIII)、京都2歳S(GIII)の展望
 ジャパンカップ(GI・東京芝2400m)は世界の強豪が集う日本競馬の最高峰レース。JRAのホームページには『1970年代後半、「世界に通用する強い馬作り」が提唱され、日本でも国際競走を開催し、外国から強豪馬を招待して我が国のサラブレッドと競わせようという目的で1981年に創設された』とある。初年度は北アメリカとアジアから招待馬を選出し、アメリカ・カナダ・インド・トルコ(デルシムは来日後に故障)の4か国から計8頭が参戦した。翌82年からはヨーロッパとオセアニア地区が、83年からは地方競馬も代表馬... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/11/22 16:29
ステルヴィオが秋のマイル王に! 今週はジャパンカップ
 秋の最強マイラーを決めるマイルチャンピオンシップ(GI・京都芝1600m(外))を制したのは、5番人気の3歳馬ステルヴィオだった。1番枠から好位の少し後ろのインを取ってスムーズな立ち回り。直線は内から長く渋太く伸びて勝ち切った。着差はアタマで、勝ち時計は1分33秒3(良)だった。  騎乗したビュイックは「スタートが良く、そのままの位置で進めた。幸運にもペースがそれほど速くなく、思った通りの競馬ができた」と。今後の具体的なローテーションは決まっていない。  2着は昨年の覇者ペルシアンナイト。... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/11/19 07:47
マイルチャンピオンシップ(GI)、東京スポーツ杯2歳S(GIII)の展望
 マイルチャンピオンシップ(GI・京都芝1600m(外))は下半期の最強マイラー決定戦。グレード制が敷かれた1984年(昭和59年)に短距離路線の番組体系が整備され、この年に春に東京競馬場で行わる安田記念と対をなす競走として創設された。京都競馬場の外回り1600mで施行という条件は変わっていない。98年に国際競走になり、04年になって国際GIに指定されている。  第1回の覇者はニホンピロウイナー(84年、85年と連覇)。歴代の勝ち馬にはニッポーテイオー、サッカーボーイ、オグリキャップ、ダイタク... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/11/15 16:08
リスグラシューが堂々とGI制覇! 今週はマイルCS
 牝馬GIのエリザベス女王杯(GI・京都芝2200m(外))を制したのは、3番人気の4歳馬リスグラシューだった。中位で脚をタメ、直線に向くとグイグイ伸びて逃げ込みを狙ったクロコスミアをとらえ切った。着差はクビで、勝ち時計は2分13秒1(良)だった。  騎乗したモレイラは「道中はスムーズで、4コーナーでエネルギーがいっぱいあった。能力を出すことができて良かった」と。次走は香港の国際競走か有馬記念(12月23日)のどちらかになる模様。  2着のクロコスミアは同じくクビ差の2着だった昨年に続いての... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/11/12 07:46
エリザベス女王杯、デイリー杯2歳S、武蔵野S、福島記念の展望
 エリザベス女王杯(GI・京都芝2200m(外))は京都競馬場で行われる牝馬限定のGI競走。前身となるのが1970年(昭和45年)に始まったビクトリアカップで、現在のような3歳馬と古馬がぶつかり合う競走でなく、3歳馬のみが出走できる牝馬三冠の最終戦だった。施行距離も今より長い芝2400mだった。75年にエリザベス女王が来日したことを記念して翌76年に現行の競走名に変わり、この年から試行回数のカウントが始まった。そして、96年に大きな変革期を迎える。本競走は古馬に開放されることになり、三冠最終戦の... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/11/08 17:11
ケイティブレイブが堂々とV、今週はエリザベス女王杯
 初めて中央で行われたJBCシリーズのJBCクラシック(JpnGI・京都ダ1900m)を制したのは、3番人気のケイティブレイブだった。タテ長の展開の中、中位でじっくりと乗られる。直線でグッと伸びて抜け出し、後続を追い上げを封じた。着差は3/4馬身で、勝ち時計は1分56秒7(良)だった。  騎乗した福永祐一は「トップコンディションだった。リズムを守ることを第一に自信を持って乗った。馬が完成してきて、充実している」と。次走はチャンピオンズC(12月2日)になる。  2着は3歳のオメガパフューム。... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/11/05 10:06
JBCクラシック、JBCスプリント、JBCレディスクラシック他の展望
 JBCクラシック(JpnI・京都ダ1900m)は全国の競馬場で持ち回りで開催されるダートの重賞競走。今年の開催地は京都競馬場で、JRAで施行されるのは初めてになる。創設されたのは2001年(平成13年)になり、過去にアドマイヤドン、ヴァーミリアン、スマートファルコン、ホッコータルマエ、コパノリッキーといった砂の名馬が戴冠している。昨年はサウンドトゥルーが勝った。なお、これまで17回施行されて、JRAが無敗となっている。  第18回の今年は18頭が登録してフルゲートの16頭立てになった。ケイテ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/11/01 16:51
レイデオロが2度目のGI制覇! 今週はJBC3競走
 秋の中距離最強馬を決める天皇賞(秋)(GI・東京芝2000m)を制したのは、2番人気の4歳馬レイデオロだった。バラけた競馬の中で中位を進み、直線で外めから力強く伸びて抜け出した。着差は1馬身1/4で、勝ち時計は1分56秒8(良)だった。  騎乗したルメールは「デキが完璧でレースも完璧。長くいい脚を使ってくれた」と。ダービー以来で2度目のGI制覇を決め、このあとは有馬記念(12月23日)への参戦を視野に入れている。  2着はサングレーザー。レイデオロの前に見る形で追走し、直線でこれを追って伸... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/10/29 07:33
天皇賞(秋)(GI)、スワンS(GII)、アルテミスS(GIII)の展望
 天皇賞(秋)(GI・東京芝2000m)は秋の中距離チャンピオン決定戦。1905年(明治38年)に始まった『帝室御賞典』が前身で、日本競馬会が創設された37年が第1回の帝室御賞典となり、この年から年2回施行されることになった。37年の秋は2600m、38年の春は2700mで、38年の秋から3200mになり、以降は2回とも長くこの距離で行われていた。天皇賞という競走名になったのは47年の秋から。84年になると秋の大会のみが2000mに短縮された。  秋の施行だった第1回の覇者はハツピーマイトで、... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/10/25 16:10
伏兵のフィエールマンが菊を制覇! 今週は天皇賞(秋)
 牡馬クラシック最終戦の菊花賞(GI・京都芝3000m(外))を制したのは、7番人気の伏兵馬フィエールマンだった。道中は好位の後ろでじっくりと構え、直線で馬群を割って出て伸びる。最後は外のエタリオウとの叩き合いになり、渋太く勝ち切った。着差はハナで、勝ち時計は3分06秒1(良)だった。  騎乗したルメールは「直線で抜け出すのに時間がかかった。いい反応、いい切れ味で、よく届いてくれた」と。次走は体調を見つつ決められ、有馬記念(12月23日)への参戦が視野に入っている。  2着のエタリオウはゲー... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/10/22 07:46
菊花賞(GI)、富士S(GIII)の展望
 菊花賞(GI・京都芝3000m(外))は京都競馬場の外回り芝3000mで施行される牡馬三冠の最終戦。イギリスのセントレジャーステークスを範として1938年(昭和13年)に創設され、当初は競走名が京都農林省賞典4歳呼馬だった。43年に京都農商省賞典4歳呼馬、46年には農林省賞典4歳馬に変わり、48年に菊花賞となって現在に至っている。京都芝3000m(外)という条件は変わっていない。  第1回の覇者はテツモン。41年の第3回でセントライトが優勝し、史上初の三冠馬になった。ほか、64年にシンザン、... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/10/18 18:02
アーモンドアイが牝馬三冠を達成! 今週は菊花賞
 牝馬三冠の最終戦となる秋華賞(GI・京都芝2000m(内))を制したのは、断然の1番人気に支持された東のアーモンドアイだった。中位の後ろでじっくりと脚をタメ、直線で外から猛然と伸びて突き抜けた。着差は1馬身半で、勝ち時計は1分58秒5(良)。自身の上がりは33秒6だった。  騎乗したルメールは「大外から行かないといけなかったけど、直線は素晴らしい脚で頑張ってくれた。ファンタスティックホースです」と。いずれも完勝で牝馬三冠を達成し、このあとはジャパンカップ(11月25日)への挑戦を視野に入れて... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/10/15 07:39
秋華賞(GI)、府中牝馬(GII)の展望
 秋華賞(GI・京都芝2000m(内))は京都競馬場で行われる牝馬三冠の最終戦。一般的にクラシック競走の1つととらえられているが、実際は本場イギリスのクラシックに本競走に該当するレースはなく、クラシック競走という位置付けにはなっていない。かつて牝馬三冠の最終戦はエリザベス女王杯がその役割をつとめていたが、96年にエリザベス女王杯は古馬混合のGIになり、それに代わる形で本競走が創設された。また、本競走は創設当初から混合競走で、外国産馬も出走できる。京都の内回り2000mという施行条件は創設時から変... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/10/11 16:07
アエロリットとサトノダイヤモンドがV、今週は秋華賞
 一線級の実力馬がそろった毎日王冠(GII・東京芝1800m)を制したのは、1番人気の4歳牝馬アエロリットだった。好スタートを切って軽快なピッチで逃げ、直線で渋太く脚を使って押し切った。着差は1馬身1/4で、勝ち時計は1分44秒5(良)だった。  騎乗したモレイラは「リラックスしてスムースなレースができたいい反応で最後まで伸びた」と。次走は決まっておらず、マイルチャンピオンシップ(11月18日)などが候補に入っている。  2着は3歳のステルヴィオ。中位で脚をタメ、直線で外からグイグイ伸びて連... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/10/09 07:09
毎日王冠(GII)、京都大賞典(GII)、サウジアラビアRC(GIII)の展望
 毎日王冠(GII・東京芝1800m)は天皇賞(秋)の前哨戦的となる重要な芝の中距離GII。優勝馬には毎日新聞社より毎日新聞社賞が贈られる。創設されたのは1950年(昭和25年)のことになり、当初は芝2500mで施行されていた。その後、いくたびかの距離変更があり、62年から芝2000mに定着した。84年になると天皇賞(秋)が芝3200mから芝2000mに短縮され、これに伴って本競走も芝1800mに短縮されることになる。また、この年にGIIに格付けされた。96年に国際競走となり、01年になって国際... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/10/04 16:02

続きを見る

トップへ

月別リンク

最強の男の競馬ブログ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる