アクセスカウンタ

プロフィール

ブログ名
最強の男の競馬ブログ
ブログ紹介
大谷内 泰久(おおやうちやすひさ) 
1971年12月20日東京生まれ。
大学在学中から“競馬予想の天才”として注目を浴び、卒業後は専門紙「競馬研究」に入社。わずか2年目で本紙予想者に抜てきされる。
その後は「優駿クラブ」に在籍。現在は三恵書房が提供するサイト「最強の男の100万馬券予想」で予想を披露し、同時に競馬の醍醐味をファンに伝えることに精力を注いでいる。
キャリアを積むことやマスコミの力を使うことで名を売っていく予想家が多い中、純粋に“当てる”ことで勝負してきた数少ない予想家のひとりである。


↑「最強の男の100万馬券予想」はこちら

zoom RSS ブログ 新着記事

タイトル 日 時
パフォーマプロミスが重賞制覇! 今週は豪華GIIが2鞍
 実力馬がそろった日経新春杯(GII・京都芝2400m(外))を制したのは、1番人気のパフォーマプロミス(ハンデ54キロ)だった。好位のインで脚をタメ、直線で外に出すと、しっかりと伸びて差し切った。着差はクビで、勝ち時計は2分26秒3(良)だった。  騎乗したミルコ・デムーロは「一番いい位置で競馬ができた。直線で外に出した時は、負けないと思った」と。春の大目標は天皇賞(春)(4月29日)になる。  2着は4番人気のロードヴァンドール(56キロ)。ハナを奪ってスローに落とし、持ち味である粘り強... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2018/01/15 07:38
日経新春杯(GII)、京成杯(GIII)、愛知杯(GIII)の展望
 日経新春杯(GII・京都芝2400m(外))は年初めの1月に行われる芝の長距離重賞。冠名の日経は優勝杯を提供する日本経済新聞社の略称になる。創設されたのは1954年(昭和29年)で、当初は競走名が日本経済新春杯だった。79年になると現行の競走名に改称され、グレート制が敷かれた84年にGIIに格付けされている。87年にそれまでの芝2400mから2200mに短縮されて、95年に芝2400mに戻った。負担重量は、54年から80年はハンデキャップで、81年から93年は別定、94年からはハンデキャップと... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/01/11 16:44
セダブリランテスとブラックムーンが金杯を制覇
 中距離重賞の中山金杯(GIII・中山芝2000m)を制したのは、1番人気の4歳馬セダブリランテス(ハンデ55キロ)だった。好位を追走し、4コーナー前ではズブさを見せるシーンが。直線に向くと粘り強く脚を使い、内から抜けていたウインブライトを最後で交わした。着差はクビで、勝ち時計は1分59秒8(良)だった。  騎乗した戸崎圭太は「状態が良かったので、自信を持って乗った。直線でしっかり伸びてくれた」と。次走は決まっていないが、18年はGI制覇を狙っていくことになる。  2着は4歳のウインブライト... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/01/09 08:57
中山金杯(GIII)、京都金杯(GIII)、シンザン記念(GIII)、フェアリーS(GIII)の展望
 中山金杯(GIII・中山芝2000m)は年明けの開催初日に中山競馬場で行われる重賞競走。正式名称は日刊スポーツ賞中山金杯で、勝利馬主には金の杯(さかずき)が与えられる。創設されたのは1952年(昭和27年)のことになり、当初は競走名が金杯で芝2600mのハンデキャップ競走だった。54年に別定戦に変わり、61年にはハンデキャップに戻って距離が2000mに詰まる。70年からは東京競馬場での開催になり、80年に中山に戻った。66年になると京都競馬場で年の初日に行われていた迎春賞が金杯と改称され、同じ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/01/04 16:44
タイムフライヤーが初代王者に! 18年は1月6日に開幕
 GIに昇格した2歳重賞のホープフルS(GI・中山芝2000m)を制したのは、1番人気の支持を受けたタイムフライヤーだった。後方でじっくりと脚をタメ、4コーナーから外を動いていくと、直線でパワフルに伸びて差し切った。着差は1馬身1/4で、勝ち時計は2分01秒4(良)だった。  騎乗したクリスチャン・デムーロは「仕掛けたらスゴくいい反応で、最後はいい瞬発力だった」と。このあとは放牧に出され、来年のクラシックに向けて充電することになる。  2着は4番人気のジャンダルム。勝ち馬より前で運んで先に外... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/12/30 07:35
ホープフルS(GI)の展望
 ホープフルステークス(GI・中山芝2000m)は2歳馬が争う中距離GI。2013年までラジオNIKKEI杯2歳ステークス(GIII)として阪神の芝2000m(内)で行われていた競走が、2014年から場所を中山に移し、競走名も変更になったものである。その14年に格付けがGIIになり、17年にGIに昇格になった。さらにさかのぼると、1984年(昭和59年)から90年まで行われていた2歳の牝馬(旧年齢表記で3歳)によるラジオたんぱ杯3歳牝馬ステークス、91年から00年まで行われていた3歳の牡馬・セン... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/12/26 16:16
キタサンブラックが有終のV! 28日に中央、29日に大井
 2017年の総決算レースとなる有馬記念(GI・中山芝2500m)を制したのは、1番人気のキタサンブラックだった。2番枠からハナを奪ってマイペースで進み、直線で引き離して渋太く押し切った。着差は1馬身半で、勝ち時計は2分33秒6(良)だった。  騎乗した武豊は「迷いなく先手を取りに行った。最後の直線は“頑張ってくれ”と、それしかなかった」と。GI7勝の実績を残し、キタサンブラックは現役生活に幕を閉じる。そして、来春から種牡馬としての新しい馬生が始まる(繋養先は北海道安平町の社台スタリオンステー... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/12/25 09:11
有馬記念(GI)、中山大障害(J・GI)、阪神カップ(GII)の展望
 有馬記念(GI・中山芝2500m)は1年の競馬を締めくくる大レース。創設されたのは1956年(昭和31年)で、第1回は中山グランプリという名称で行われた。創設に尽力したのは当時の中央競馬会理事長であった有馬頼寧。ファンが親近感をもてるようにとファン投票で出走馬を決める方式を発案し、推薦委員会による推薦馬選出方法と合わせて出走馬が決定されていた。しかし、第1回が終了した翌年の1月9日に有馬が急逝する。有馬の功績をたたえ、第2回から競走名が有馬記念に改称された。グランプリという副題が付き、「グ.ラ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/12/21 16:50
ダノンプレミアムが2歳のマイル王に! 今週は有馬記念
 2歳の最強マイラーを決定する朝日杯フューチュリティS(GI・阪神芝1600m(外))を制したのは、1番人気の支持を受けたダノンプレミアムだった。1番枠から好位につけて手応え良く追走し、直線で一気に抜け出して圧勝した。着差は3馬身半で、勝ち時計はレースレコードとなる1分33秒3(良)だった。騎乗した川田将雅は「自信を持ってゴーサインを出した。いい跳び、いい加速、期待通りのレースだった」と。来春の目標は、もちろんクラシック。皐月賞やダービーを沸かせることになりそうだ。  2着はステルヴィオ。直線... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/12/18 08:30
朝日杯フューチュリティS(GI)、ターコイズS(GIII)の展望
 朝日杯フューチュリティステークス(GI・阪神芝1600m(外))は2歳のチャンピオン決定戦。競走名のフューチュリティ(Futurity)は、英語で「未来、将来」を意味する。創設されたのは1949年(昭和24年)のことで、当初は中山競馬場の芝1100mで争われていた。59年に芝1200mになり、62年にさらに延びて芝1600mになって、以降は2013年まで中山芝1600mで施行されることになる。91年になると、関西圏の2歳チャンピオン決定戦だった阪神3歳ステークスが牝馬限定の競走(現阪神ジュベナ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/12/14 16:34
ラッキーライラックが2歳女王に! 今週は朝日杯FS
 2歳女王決定戦の阪神ジュベナイルF(GI・阪神芝1600m(外))を制したのは、オルフェーヴル産駒で2番人気のラッキーライラックだった。序盤は少し力みがあったが、中団につけて息が入り、直線でグッと伸びて差し切った。着差は3/4馬身で、勝ち時計は1分34秒3(良)だった。騎乗した石橋脩は「手応えが素晴らしく、前走以上の脚を使ってくれた。身体能力が高い」と。このあとは放牧に出され、来春は桜花賞(4月8日)を目指すことになる。  2着はリリーノーブル。勝ち馬より前を進んで早めに抜け出したが、鋭く交... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/12/11 09:06
阪神ジュベナイルF(GI)、中日新聞杯(GIII)、カペラS(GIII)の展望
 阪神ジュベナイルフィリーズ(GI・阪神芝1600m(外))は2歳の牝馬が争う女王決定戦。正式名称は農林水産省賞典阪神ジュベナイルフィリーズとなっている。前身となるのは1949年(昭和24年)に始まった阪神3歳ステークスで、当時は関西圏の2歳最強馬を決めるという趣旨から牡牝混合の競走だった(施行距離は阪神芝1200m)。91年になると中山競馬場で行われていた朝日杯3歳ステークスが牡馬・セン馬の限定戦になり、同年に本競走は牝馬のみで争われる競走になった。同時に競走名が阪神3歳牝馬ステークスに変わっ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/12/07 16:44
ゴールドドリームが2度目のGI制覇! 今週は阪神ジュベナイルF
 ダート最強馬を決めるチャンピオンズC(GI・中京ダ1800m)を制したのは、8番人気のゴールドドリームだった。いつも通りゲートの出は悪かったが、馬群に入れて脚をタメ、直線で外から猛然と伸びて追い込み切った。着差はクビで、勝ち時計は1分50秒1(良)だった。騎乗したムーアは「乗った感触から絶対勝てる自信があった。すべてがうまくいった」と。これでフェブラリーSに続いて、2つ目のタイトルをゲット。このあとは休養に入り、来年はフェブラリーS(2月18日)連覇を狙うことになる。  2着は1番人気に推さ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/12/04 07:26
チャンピオンズC(GI)、ステイヤーズS(GII)、チャレンジC(GIII)の展望
 チャンピオンズカップ(GI・中京ダ1800m)は世界の強豪を迎えて争われるダートの最高峰レース。2013年までジャパンカップダートとして施行されていた競走が名称変更になったものである。前身のジャパンカップダートは、芝で行われているジャパンカップのように、ダートでも国際競走を開催しようという趣旨で2000年に創設された。創設時は東京競馬場のダ2100mで行われ、08年から阪神競馬場のダ1800mで施行される。名称が変わって初年度となる14年から中京競馬場のダ1800mで争われることになった。なお... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/11/30 16:01
シュヴァルグランがJC制覇! 今週はチャンピオンズC
 世界の強豪を招いて争われたジャパンカップ(GI・東京芝2400m)を制したのは、5番人気の5歳馬シュヴァルグランだった。道中は少し離れた好位のインでじっくりと脚をタメる。直線で逃げたキタサンブラックを目標に追い出し、しっかりと脚を使って抜け出した。着差は1馬身1/4で、勝ち時計は2分23秒7(良)だった。騎乗したボウマンは「徹底的にキタサンブラックをマークした。残り200mで手応えがあったので、勝利を確信した」と。待望のGIタイトルを手にし、次走は有馬記念(12月24日)になる。  2着は3... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/11/27 07:10
ジャパンカップ(GI)、京阪杯(GIII)、京都2歳S(GIII)の展望
 ジャパンカップ(GI・東京芝2400m)は世界の強豪が集う日本競馬の最高峰レース。JRAのホームページには『1970年代後半、「世界に通用する強い馬作り」が提唱され、日本でも国際競走を開催し、外国から強豪馬を招待して我が国のサラブレッドと競わせようという目的で1981年に創設された』とある。初年度は北アメリカとアジアから招待馬を選出し、アメリカ・カナダ・インド・トルコ(デルシムは来日後に故障)の4か国から計8頭が参戦した。翌82年からはヨーロッパとオセアニア地区が、83年からは地方競馬も代表馬... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/11/23 15:57
3歳のペルシアンナイトがマイル王に! 今週はジャパンC
 秋の最強マイラーを決めるマイルチャンピオンシップ(GI・京都芝1600m(外))を制したのは、4番人気の3歳馬ペルシアンナイトだった。ゲートは大外の18番枠で、抑えて下げて後方でなだめつつ脚をタメる。直線はバラけて馬群を捌きやすく、グイグイ伸びて先に抜けていたエアスピネルをとらえた。着差はハナで、勝ち時計は1分33秒8(稍)だった。騎乗したミルコ・デムーロは「他馬と併せるとスゴく頑張った。負けたくない気持ちがあるのは僕と同じ」と。今後のローテーションは決まっていない。  2着は2番人気のエア... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/11/20 06:59
マイルチャンピオンシップ(GI)、東京スポーツ杯2歳S(GIII)の展望
 マイルチャンピオンシップ(GI・京都芝1600m(外))は下半期の最強マイラー決定戦。グレード制が敷かれた1984年(昭和59年)に短距離路線の番組体系が整備され、この年に春に東京競馬場で行わる安田記念と対をなす競走として創設された。京都競馬場の外回り1600mで施行という条件は変わっていない。98年に国際競走になり、04年になって国際GIに指定されている。  第1回の覇者はニホンピロウイナー(84年、85年と連覇)。歴代の勝ち馬にはニッポーテイオー、サッカーボーイ、オグリキャップ、ダイタク... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/11/16 16:30
モズカッチャンが古馬を撃破! 今週はマイルCS
 一線級の牝馬が争ったエリザベス女王杯(GI・京都芝2200m(外))を制したのは、5番人気の3番馬モズカッチャンだった。離れた5番手のインで脚をタメ、直線で内を割って伸びて力強く差し切った。着差はクビで、勝ち時計は2分14秒3(良)だった。騎乗したミルコ・デムーロは「状態がいいのはわかっていた。いつも一生懸命走る真面目な馬」と。今後の動向は未定となっている。  2着はクロコスミア。2番手を進んで直線で早めに抜け出したが、最後で交わされてしまった。3着は外から伸びたミッキークイーンで、1番人気... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/11/13 08:07
エリザベス女王杯、デイリー杯2歳S、武蔵野S、福島記念の展望
 エリザベス女王杯(GI・京都芝2200m(外))は京都競馬場で行われる牝馬限定のGI競走。前身となるのが1970年(昭和45年)に始まったビクトリアカップで、現在のような3歳馬と古馬がぶつかり合う競走でなく、3歳馬のみが出走できる牝馬三冠の最終戦だった。施行距離も今より長い芝2400mだった。75年にエリザベス女王が来日したことを記念して翌76年に現行の競走名に変わり、この年から試行回数のカウントが始まった。そして、96年に大きな変革期を迎える。本競走は古馬に開放されることになり、三冠最終戦の... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/11/09 17:17

続きを見る

トップへ

月別リンク

最強の男の競馬ブログ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる