アクセスカウンタ

プロフィール

ブログ名
最強の男の競馬ブログ
ブログ紹介
大谷内 泰久(おおやうちやすひさ) 
1971年12月20日東京生まれ。
大学在学中から“競馬予想の天才”として注目を浴び、卒業後は専門紙「競馬研究」に入社。わずか2年目で本紙予想者に抜てきされる。
その後は「優駿クラブ」に在籍。現在は三恵書房が提供するサイト「最強の男の100万馬券予想」で予想を披露し、同時に競馬の醍醐味をファンに伝えることに精力を注いでいる。
キャリアを積むことやマスコミの力を使うことで名を売っていく予想家が多い中、純粋に“当てる”ことで勝負してきた数少ない予想家のひとりである。


↑「最強の男の100万馬券予想」はこちら

zoom RSS ブログ 新着記事

タイトル 日 時
ミッキーロケットが重賞初制覇! 今週は豪華GIIが2鞍
 上昇馬がそろった日経新春杯(GII・京都芝2400m(外))を制したのは、1番人気に推された4歳のミッキーロケット(ハンデ55キロ)だった。タテ長の展開の4番手で脚をタメ、直線は外のシャケトラと激しく叩き合って渋太く勝ち切った。着差はハナで、勝ち時計は2分25秒7(稍)だった。騎乗した和田竜二は「上手に競馬ができた。よく差し返してくれたね」と。初の重賞タイトルを手にし、次なる目標はGIに昇格した大阪杯(4月2日)になる。  2着のシャケトラ(53キロ)は1000万下を勝って即の重賞挑戦ながら... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/01/18 10:06
日経新春杯(GII)、京成杯(GIII)、愛知杯(GIII)の展望
 日経新春杯(GII・京都芝2400m(外))は年初めの1月に行われる芝の長距離重賞。冠名の日経は優勝杯を提供する日本経済新聞社の略称になる。創設されたのは1954年(昭和29年)で、当初は競走名が日本経済新春杯だった。79年になると現行の競走名に改称され、グレート制が敷かれた84年にGIIに格付けされている。87年にそれまでの芝2400mから2200mに短縮されて、95年に芝2400mに戻った。負担重量は、54年から80年はハンデキャップで、81年から93年は別定、94年からはハンデキャップと... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/01/12 16:25
アズマオーとスピネルが金杯を制覇! 今週は日経新春杯
 新年最初の重賞となった中山金杯(GIII・中山芝2000m)を制したのは、1番人気の支持を受けた6歳のツクバアズマオー(ハンデ56.5キロ)だった。抑えて後方で脚をタメ、4コーナーから徐々に進出する。直線は力強い末脚を披露して抜け出した。着差は3/4馬身で、勝ち時計は2分00秒6(良)だった。騎乗した吉田豊は「思っていたより後ろになったけど、自分のリズムを守った。勝ててよかった」と。今後の具体的なローテーションは決まっていない。  2着はトップハンデとなる57.5キロを背負っていたクラリティ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/01/09 09:11
中山金杯、京都金杯、シンザン記念、フェアリーSの展望
 中山金杯(GIII・中山芝2000m)は年明けの開催初日に中山競馬場で行われる重賞競走。正式名称は日刊スポーツ賞中山金杯で、勝利馬主には金の杯(さかずき)が与えられる。創設されたのは1952年(昭和27年)のことになり、当初は競走名が金杯で芝2600mのハンデキャップ競走だった。54年に別定戦に変わり、61年にはハンデキャップに戻って距離が2000mに詰まる。70年からは東京競馬場での開催になり、80年に中山に戻った。66年になると京都競馬場で年の初日に行われていた迎春賞が金杯と改称され、同じ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/01/03 16:33
サトノダイヤモンドがGP制覇! 東京大賞典予想に注目を
 最後の大一番となる有馬記念(GI・中山芝2500m)を制したのは、1番人気の支持を受けた3歳のサトノダイヤモンドだった。前半は中位を進み、向正面でキタサンブラックをマークする位置までポジションアップする。直線で一度は離されたが、粘り強く脚を使ってとらえ切った。着はクビで、勝ち時計は2分32秒6(良)だった。騎乗したルメールは「自信はあった。ゴール前まですごく頑張った。スーパーホースになったね」と。来年は春は国内で走り、秋に凱旋門賞(10月1日)に挑戦することになりそうだ。  2着のキタサンブ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/12/26 08:12
有馬記念(GI)、中山大障害(J・GI)、阪神カップ(GII)、ホープフルS(GII)の展望
 有馬記念(GI・中山芝2500m)は1年の競馬を締めくくる大レース。創設されたのは1956年(昭和31年)で、第1回は中山グランプリという名称で行われた。創設に尽力したのは当時の中央競馬会理事長であった有馬頼寧。ファンが親近感をもてるようにとファン投票で出走馬を決める方式を発案し、推薦委員会による推薦馬選出方法と合わせて出走馬が決定されていた。しかし、第1回が終了した翌年の1月9日に有馬が急逝する。有馬の功績をたたえ、第2回から競走名が有馬記念に改称された。グランプリという副題が付き、「グ.ラ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/12/21 16:46
サトノアレスが2歳王者に輝く! 今週は有馬記念
 2歳馬が頂点を目指してぶつかり合った朝日杯フューチュリティS(GI・阪神芝1600m(外))を制したのは、6番人気の関東馬サトノアレスだった。後方でじっくりと脚をタメ、直線で余裕を持ちながら外から一気に伸びて抜け出すと、モンドキャンノの追撃を封じて勝ち切った。着差は半馬身で、勝ち時計は1分35秒4(良)だった。騎乗した四位洋文は「ボクは何もしていません。馬が勝手に伸びてくれた。てっぺんまで行く可能性のある馬です」と。このあとは放牧に出され、クラシックを目標に充電されることになる。  2着は勝... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/12/19 08:09
朝日杯フューチュリティS(GI)、ターコイズS(重賞)の展望
 朝日杯フューチュリティステークス(GI・阪神芝1600m(外))は2歳のチャンピオン決定戦。競走名のフューチュリティ(Futurity)は、英語で「未来、将来」を意味する。創設されたのは1949年(昭和24年)のことで、当初は中山競馬場の芝1100mで争われていた。59年に芝1200mになり、62年にさらに延びて芝1600mになって、以降は2013年まで中山芝1600mで施行されることになる。91年になると、関西圏の2歳チャンピオン決定戦だった阪神3歳ステークスが牝馬限定の競走(現阪神ジュベナ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/12/15 17:56
ソウルスターリングが2歳女王に! 今週は朝日杯FS
 2歳女王決定戦の阪神ジュベナイルフィリーズ(GI・阪神芝1600m(外))を制したのは、1番人気の支持を受けたフランケル産駒のソウルスターリングだった。好位のインで脚をタメ、直線でラチ沿いを楽々と抜けると、力強くゴール板を駆け抜けた。着差は1馬身1/4で、勝ち時計は1分34秒0(良)だった。騎乗したルメールは「ベストポジションでリラックスできた。楽に先頭に立ち、最後まで頑張ってくれた」と。今後に関しては未定となっている。  2着は2番人気のリスグラシュー。ダッシュがつかずに後方からの競馬にな... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/12/12 06:49
阪神ジュベナイルF(GI)、チャレンジC(GIII)、カペラS(GIII)の展望
 阪神ジュベナイルフィリーズ(GI・阪神芝1600m(外))は2歳の牝馬が争う女王決定戦。正式名称は農林水産省賞典阪神ジュベナイルフィリーズとなっている。前身となるのは1949年(昭和24年)に始まった阪神3歳ステークスで、当時は関西圏の2歳最強馬を決めるという趣旨から牡牝混合の競走だった(施行距離は阪神芝1200m)。91年になると中山競馬場で行われていた朝日杯3歳ステークスが牡馬・セン馬の限定戦になり、同年に本競走は牝馬のみで争われる競走になった。同時に競走名が阪神3歳牝馬ステークスに変わっ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/12/08 16:36
サウンドトゥルーがダート王に! 今週は阪神JF
 ダート最強馬を決めるチャンピオンズC(GI・中京ダ1800m)を制したのは、6番人気の関東馬サウンドトゥルー(6歳)だった。道中は後方を進み、後半のコーナーは内を回って直線で外へ。エンジンがかかると猛然と伸び、人気のアウォーディーを交わした。着差はクビで、勝ち時計は1分50秒1(良)だった。騎乗した大野拓弥は「ハマッたね。残り100mで前が鈍っていたので、差せると思った」と。次は昨年に勝っている大井の東京大賞典(12月29日)。  ダート6戦無敗で挑んだアウォーディーは向正面でズブさを見せ、... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/12/05 07:42
チャンピオンズC(GI)、ステイヤーズS(GII)、金鯱賞(GII)の展望
 チャンピオンズカップ(GI・中京ダ1800m)は世界の強豪を迎えて争われるダートの最高峰レース。2013年までジャパンカップダートとして施行されていた競走が名称変更になったものである。前身のジャパンカップダートは、芝で行われているジャパンカップのように、ダートでも国際競走を開催しようという趣旨で2000年に創設された。創設時は東京競馬場のダ2100mで行われ、08年から阪神競馬場のダ1800mで施行される。名称が変わって初年度となる14年から中京競馬場のダ1800mで争われることになった。なお... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/12/01 16:30
キタサンブラックがJC制覇! 今週はチャンピオンズC
 世界の強豪が激突したジャパンカップ(GI・東京芝2400m)を制したのは、1番人気の支持を受けた日本の4歳馬キタサンブラックだった。1番枠からスッとハナに行ってマイペースに持ち込み、直線でしっかりと脚を使って後続を完封した。着差は2馬身半で、勝ち時計は2分25秒8(良)だった。騎乗した武豊は「迷わずハナに行けた。手応えは抜群。本当に強かった」と。順調なら有馬記念(12月25日)に進み、来年は海外遠征を視野に入れている。  2着はサウンズオブアース。中位の外で脚をタメ、直線で外めから伸びてきた... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/11/28 08:17
ジャパンカップ(GI)、京阪杯(GIII)、京都2歳S(GIII)の展望
 ジャパンカップ(GI・東京芝2400m)は世界の強豪が集う日本競馬の最高峰レース。JRAのホームページには『1970年代後半、「世界に通用する強い馬作り」が提唱され、日本でも国際競走を開催し、外国から強豪馬を招待して我が国のサラブレッドと競わせようという目的で1981年に創設された』とある。初年度は北アメリカとアジアから招待馬を選出し、アメリカ・カナダ・インド・トルコ(デルシムは来日後に故障)の4か国から計8頭が参戦した。翌82年からはヨーロッパとオセアニア地区が、83年からは地方競馬も代表馬... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/11/24 16:14
ミッキーアイルが秋のマイル王に! 今週はジャパンカップ
 秋の最強マイラーを決めるマイルチャンピオンシップ(GI・京都芝1600m(外))を制したのは、3番人気のミッキーアイルだった。好ダッシュからハナを奪ってなだめつつ息を入れ、直線最後で外に斜行して数頭に不利を与えながらもアタマ差で押し切った。勝ち時計は1分33秒1(良)だった。騎乗した浜中俊は「斜行して大変な迷惑をかけた。馬は一生懸命走ってくれた」と。このあとは阪神カップ(12月24日)を使うか、休養に入るかのどちらかになる。  2着は中位の外でタメ、直線でグッと伸びたイスラボニータ。3着のネ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/11/21 07:01
マイルチャンピオンシップ(GI)、東京スポーツ杯2歳S(GIII)の展望
 マイルチャンピオンシップ(GI・京都芝1600m(外))は下半期の最強マイラー決定戦。グレード制が敷かれた1984年(昭和59年)に短距離路線の番組体系が整備され、この年に春に東京競馬場で行わる安田記念と対をなす競走として創設された。京都競馬場の外回り1600mで施行という条件は変わっていない。98年に国際競走になり、04年になって国際GIに指定されている。  第1回の覇者はニホンピロウイナー(84年、85年と連覇)。歴代の勝ち馬にはニッポーテイオー、サッカーボーイ、オグリキャップ、ダイタク... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/11/17 16:40
クイーンズリングがGI初制覇! 今週はマイルCS
 一線級の牝馬が争ったエリザベス女王杯(GI・京都芝2200m(外))を制したのは、3番人気の4歳馬クイーンズリングだった。ゲートが悪くて中位のインを進む形になったが、折り合いがついてしっかりと脚が溜まり、直線で外に出すとグイグイ伸びて差し切った。着差はクビで、勝ち時計は2分12秒9(良)だった。騎乗したミルコ・デムーロは「出遅れたけど、2200mだし、まだまだ時間はあると思った。最後はスゴくいい脚だった」と。「適性に合う番組がない」という理由で、次走は未定となっている。  2着は12番人気の... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/11/14 07:53
エリザベス女王杯、デイリー杯2歳S、武蔵野S、福島記念の展望
 エリザベス女王杯(GI・京都芝2200m(外))は京都競馬場で行われる牝馬限定のGI競走。前身となるのが1970年(昭和45年)に始まったビクトリアカップで、現在のような3歳馬と古馬がぶつかり合う競走でなく、3歳馬のみが出走できる牝馬三冠の最終戦だった。施行距離も今より長い芝2400mだった。75年にエリザベス女王が来日したことを記念して翌76年に現行の競走名に変わり、この年から試行回数のカウントが始まった。そして、96年に大きな変革期を迎える。本競走は古馬に開放されることになり、三冠最終戦の... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/11/10 16:08
シュヴァルグランがGII制覇! 今週はエリザベス女王杯
 一線級が顔をそろえたアルゼンチン共和国杯(GII・東京芝2500m)を制したのは、2番人気でハンデ58キロのシュヴァルグランだった。レースがスローで流れる中、中団をじっくりと追走。直線で外からグッと伸びて抜け出し、そのまま押し切った、着差は半馬身で、勝ち時計は2分33秒4(良)だった。騎乗した福永祐一は「ある程度の位置で運んだ。加速がついてからは危なげない伸びだった」と。ジャパンカップ(11月27日)に進んでGI獲りを狙う。  2着は勝ち馬より後ろでタメて直線で追い込んだ4番人気のアルバート... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/11/07 07:20
アルゼンチン共和国杯、京王杯2歳S、みやこS、ファンタジーSの展望
 アルゼンチン共和国杯(GII・東京芝2500m)は東京競馬場で行われる芝長距離のハンデ重賞。創設されたのは1963年(昭和38年)で、当初はアルゼンチン・ジョッキークラブから優勝杯の寄贈を受けたことからアルゼンチンジョッキークラブカップという競走名だった。74年になると同国の競馬の主催がジョッキークラブから国に移管され、翌75年に現行の競走名に変わっている。創設時は芝2300mという条件で春に施行されていた。その後は幾度かの条件変更があり(中山競馬場で施行されていたこともあった)、84年になる... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/11/03 16:28

続きを見る

トップへ

月別リンク

最強の男の競馬ブログ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる