アクセスカウンタ

プロフィール

ブログ名
最強の男の競馬ブログ
ブログ紹介
大谷内 泰久(おおやうちやすひさ) 
1971年12月20日東京生まれ。
大学在学中から“競馬予想の天才”として注目を浴び、卒業後は専門紙「競馬研究」に入社。わずか2年目で本紙予想者に抜てきされる。
その後は「優駿クラブ」に在籍。現在は三恵書房が提供するサイト「最強の男の100万馬券予想」で予想を披露し、同時に競馬の醍醐味をファンに伝えることに精力を注いでいる。
キャリアを積むことやマスコミの力を使うことで名を売っていく予想家が多い中、純粋に“当てる”ことで勝負してきた数少ない予想家のひとりである。


↑「最強の男の100万馬券予想」はこちら

zoom RSS ブログ 新着記事

タイトル 日 時
ウインガニオンとカシアスが重賞V、今週はアイビスSD
 マイル重賞の中京記念(GIII・中京芝1600m)を制したのは、5番人気のウインガニオン(ハンデ57キロ)だった。離れた2番手を追走し、直線入り口で先頭に立つと、グッと後続を引き離す。最後は少し苦しくなったが、2馬身半差で危なげなく勝ち切った。走破時計は1分33秒2(良)だった。騎乗した津村明秀は「前と離れていたので、落ち着いて走ることができた。根性で押し切ってくれた」と。次走は関屋記念(8月13日)になる模様。  2着は2番人気のグランシルク(56キロ)。中位馬群で脚をタメ、直線で外めから... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/07/24 08:14
中京記念(GIII)、函館2歳S(GIII)の展望
 中京記念(GIII・中京芝1600m)はマイルの距離で争われるハンデ重賞。前身は1953年(昭和28年)に中京競馬の完成を記念して行われた中京開設記念で、翌年に現行の競走名になった。当初は施行条件は砂1800mで、59年に砂2000mになり、70年から芝2000mに変わる。2012年になると中京コースは直線が長くなって急坂も造られ、中京記念は芝1600mの舞台で争われることになった。同時に、サマーマイルシリーズの第1戦をつとめることになっている。なお、本競走の正式名称はトヨタ賞中京記念。愛知県... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/07/20 16:14
ルミナスウォリアーが重賞V、今週は中京記念&函館2歳S
 渋った馬場の中で争われた函館記念(GIII・函館芝2000m)を制したのは、5番人気のルミナスウォリアー(ハンデ55キロ)だった。中位の外で脚をタメ、4コーナー前から動いていって、直線で早めに抜けて押し切った。着差は1馬身半で、勝ち時計は2分01秒2(重)だった。騎乗した柴山雄一は「とにかく状態が良かった。少し強引だったけど、小回りの競馬をした。まだ成長すると思う」と。次走は新潟記念(9月3日)を予定している。  2着は14番人気のタマモベストプレイ(56.5キロ)、3着は7番人気のヤマカツ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/07/17 12:20
函館記念(GIII)の展望
 函館記念(GIII・函館芝2000m)は北の地で行われる名物のハンデ重賞。創設されたのは1965年(昭和40年)で、当初は施行条件が芝2400mだった。68年になると芝2000mに短縮され、グレード制が敷かれた84年にGIIIに格付けされる。94年から96年までは別定戦で施行され、97年にハンデ戦に戻った。06年からサマー2000シリーズの一環に組み入れられている。  第1回の覇者はクリベイ。古い時代の勝ち馬には、リユウズキ(皐月賞)、メジロアサマ(天皇賞)、エリモジョージ(天皇賞・宝塚記念... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/07/13 16:06
ゼーヴィントとキングズガードが重賞V、今週は函館記念
 中距離重賞の七夕賞(GIII・福島芝2000m)を制したのは、1番人気の支持を受けたゼーヴィント(ハンデ57キロ)だった。中位の少し後ろを進み、3コーナー過ぎから外を動いていくと、直線で粘り強く伸びて差し切った。着差は3/4馬身で、勝ち時計は1分58秒2(良)だった。騎乗した戸崎圭太は「ペースが速くなったけど、その中で渋太く伸びてくれた。まだ上を目指せる」と。次走は未定で、秋は天皇賞(秋)(10月29日)などが視野に入ってくる。  2着はマイネルフロスト(57キロ)。離れた4番手を追走して4... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/07/10 07:53
七夕賞(GIII)、プロキオンS(GIII)の展望
 七夕賞(GIII・福島芝2000m)は福島競馬場で行われる名物のハンデ重賞。創設されたのは1965年(昭和40年)で、当初は距離が1800mだった。72年と73年は別定で施行され、74年にハンデキャップに戻る。75年からは秋の施行になり、競走名が東北記念に変わった。80年にふたたび夏に移り、このタイミングで競走名が七夕賞に戻っている。グレード制が敷かれた84年にGIIIに格付けされ、以降は諸条件に変更がない。なお、当競走は06年からサマー2000シリーズの第一戦に指定されている。同シリーズは夏... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/07/06 16:11
セダブリランテスとシャイニングレイがV! 今週は七夕賞
 3歳馬がぶつかり合ったラジオNIKKEI賞(GIII・福島芝1800m)を制したのは、2番人気のセダブリランテス(ハンデ54キロ)だった。3番手で前を見て進み、勝負どころからしごかれながら渋太く脚を使って勝ち切った。着差はクビで、勝ち時計は1分46秒6(良)だった。騎乗した石川裕紀人は「自信を持って乗れた。直線はよく伸びてくれた。」と。このあとは放牧に出され、秋の大レースに備えることになる。  2着は逃げて粘りを発揮したウインガナドル(53キロ)で、2着は大外から伸びたロードリベラル(53キ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/07/03 12:39
ラジオNIKKEI賞(GIII)、CBC賞(GIII)の展望
 ラジオNIKKEI賞(GIII・福島芝1800m)は3歳馬が争うハンデ重賞。競走名は寄贈賞を提供している日経ラジオ社の愛称であるラジオNIKKEIに由来する。創設されたのは1952年(昭和27年)のことになり、当初は中山4歳ステークスという競走名で、皐月賞の前哨戦として4月に行われていた。条件は中山芝1800mだった。54年になると時期がダービー終了後に移され、この54年は芝2000mで施行されて翌年から芝1800mに戻っている。そして、55年からは「除東京優駿競走の勝馬」という珍しい条件が付... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/06/29 16:04
サトノクラウンが宝塚記念を制覇! 今週は重賞二本立て
 上半期の総決算レースである宝塚記念(GI・阪神芝2200m(内))を制したのは、3番人気の関東馬サトノクラウン(5歳)だった。タメる形を取って向正面では行きたがってキタサンブラックを突くシーンがあったが、抑えて下げて息を入れる。直線に入ると、外から豪快に伸びて差し切った。着差は3/4馬身で、勝ち時計は2分11秒4(稍)だった。騎乗したミルコ・デムーロは「キタサンブラックを見ながら進んだ。馬場も合っていたし、直線はスゴくいい脚だった」と。今のところ、秋は国内に専念する予定とのことだ。  2着は... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/06/26 07:57
宝塚記念(GI)の展望
 宝塚記念(GI・阪神芝2200m(内))は上半期をしめくくるグランプリレース。出走馬はファン投票によって選ばれる。フルゲートは18頭で、ファン投票の上位10頭が優先的に出走でき、残りは収得賞金額などを加味して決定される。歴史が始まったのは1960年(昭和35年)。当時は関東に比べて大きく人気で劣っていた関西の競馬を活性化させるため、年末に中山で行われる有馬記念と対になる競走としてつくられた。有馬記念と同様にファン投票で出走馬を選出することが前提条件だったという。第1回は阪神競馬場の芝1800m... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/06/22 16:02
サンライズノヴァとジューヌエコールがV、今週は宝塚記念
 ダートの素質馬がぶつかり合ったユニコーンS(GIII・東京ダ1600m)を制したのは、2番人気のサンライズノヴァだった。タテ長の展開の中で中位の少し後ろで脚をタメ、直線で外から豪快に伸びて突き抜けた。後続につけた着差は4馬身で、勝ち時計は1分35秒9(良)だった。騎乗した戸崎圭太は「スタートで遅れたけど、いい形で行けた。追うごとに伸びてくれた」と。大井のジャパンダートダービー(7月12日)に進んで交流GI制覇を狙う。  2着は後方追走から長く脚を使ったハルクンノテソーロで、3着は早めに動いて... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/06/19 08:34
ユニコーンS(GIII)、函館スプリントS(GIII)の展望
 ユニコーンステークス(GIII・東京ダ1600m)は3歳馬限定のダート重賞。創設されたのは1996年で、当初は条件が中山ダ1800mで秋に行われていた。97年は東京ダ1600mで施行され、翌98年に中山ダ1800mに戻る。01年になると時期が6月に移され、この年に現行の東京ダ1600mに変わった。ここからジャパンダートダービー(JpnI・大井ダ2000m)に向かうケースが多い。  第1回は1位入線のバトルラインが降着になり、繰り上がりでシンコウウインディが勝ち馬になった。第2回はタイキシャト... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/06/15 17:35
ダッシングとマキシマムが重賞V、今週は函館競馬が開幕
 古馬の実力馬が争ったエプソムC(GIII・東京芝1800m)を制したのは、5番人気の5歳馬ダッシングブレイズだった。好位で前を見つつ脚をタメ、直線で内めからグッと伸びて勝ち切った。着差は半馬身で、勝ち時計は1分45秒9(良)だった。騎乗した浜中俊は「馬のリズムを最優先に進めた。苦しくなるところで頑張って伸びた」と。次走は未定で、秋はGIへの挑戦が視野に入ってくる。  2着は1番人気の4歳馬アストラエンブレム。こちらは好位追走から直線で外を伸ばしたが、内から出られてしまった。3着は逃げて粘りを... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/06/12 07:59
エプソムC(GIII)、マーメイドS(GIII)の展望
 エプソムカップ(GIII・東京芝1800m)は3歳以上で争われる中距離重賞。競走名は東京競馬場と提携を結んでいるイギリスのエプソム競馬場に由来している。1983年に日本ダービーが50回を迎えたのを機に、ダービーの開催場であるエプソム競馬場と姉妹関係を結び、翌84年から交換競走として東京競馬場でエプソムカップが、エプソム競馬場で東京トロフィーが行われるようになった。創設時から芝1800mで施行されてきて、当初はハンデキャップ競走だったものが96年から別定に変わっている。05年に国際競走に指定され... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/06/08 16:54
サトノアラジンが春のマイル王に! 今週は重賞二本立て
 春の最強マイラーを決める安田記念(GI・東京芝1600m)を制したのは、7番人気の6歳馬サトノアラジンだった。レースがハイペースで流れる中で後方に待機し、直線で外から豪快に伸びて追い込み切った。着差はクビで、勝ち時計は1分31秒5(良)だった。騎乗した川田将雅は「リズム良く走ることだけを考えていた。やっとGIを勝つことができた」と。次走は未定で、フランスのジャックルマロワ賞(8月13日)に挑戦する可能性もある。  2着は連覇を狙ったロゴタイプ。昨年よりもずっと速いペースで逃げることになったが... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/06/05 08:26
安田記念(GI)、鳴尾記念(GIII)の展望
 安田記念(GI・東京芝1600m)は春の最強マイラー決定戦。正式名称は農林水産省賞典安田記念となっている。本競走は競馬法の制定や東京優駿(日本ダービー)の創設など、日本競馬の黎明期に発展に尽力した日本競馬界初代理事長・安田伊左衛門の功績をたたえて1951年(昭和26年)つくられた競走であり、当初はレース名が安田賞で、条件は東京芝1600m、負担重量はハンデキャップだった。58年に安田伊左衛門が死去し、この年に安田記念に変わっている。60年と61年は芝1800mで行われたが、62年には芝1600... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/06/01 17:17
レイデオロが堂々とダービー制覇! 今週は安田記念
 クラシック第二弾の日本ダービー(GI・東京芝2400m)を制したのは、2番人気のレイデオロだった。前半は後方を進んでいたが、レースは超スローで流れていて、向正面に入ると外からスーッと2番手まで上がっていく。直線ですぐに先頭に立ち、長くしっかりと脚を使って押し切った。着差は3/4馬身で、勝ち時計は2分26秒9(良)だった。騎乗したルメールは「ペースが遅いと思ったので、ポジションを上げていった。直線もよく反応してくれた」と。今後の具体的なスケジュールは決まっていない。なお、藤沢和雄師は、開業30年... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/05/29 13:57
日本ダービー(GI)、目黒記念(GII)の展望
 東京優駿(GI・東京芝2400m)は3歳牡馬クラシックの第二弾。イギリスのダービーステークスを範としてつくられた競走で、副称である“日本ダービー”が一般的な呼称となっている。創設されたのは戦前の1932年(昭和7年)のことになり、当初の開催場所は今はなき目黒競馬場で、条件は芝2400m、競走名は東京優駿大競走だった。34年になると場所を東京競馬場に移し、38年に競走名が東京優駿競走に変更になる。45年は太平洋戦争の影響で中止になり、46年は進駐軍の競馬場占領によって中止になった。そして、48年... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/05/25 16:23
ソウルスターリングが樫の女王に! 今週は日本ダービー
 牝馬クラシック第二弾のオークス(GI・東京芝2400m)を制したのは、1番人気のソウルスターリングだった。好位のインでじっくりと脚をタメ、直線で楽に先頭に躍り出る。追われて左に行くところがあったが、最後までしっかりと脚を使って押し切った。着差は1馬身3/4で、勝ち時計は2分24秒1(良)だった。騎乗したルメールは「本当に強かった。お母さんでフランスのオークスを勝ち、その仔で日本のオークスを勝てたのは幸せ」と。このあとは休養に入り、秋は天皇賞(秋)やジャパンカップを目指すことになる。  2着は... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/05/22 07:47
オークス(GI)、平安S(GIII)の展望
 優駿牝馬(GI・東京芝2400m)は3歳牝馬クラシックの第二弾。イギリスのオークスステークスを範としてつくられた競走で、「オークス」と呼ばれることがほとんどである。65年からオークスが副称としてつけられるようになった。第1回が行われたのは戦前の1938年(昭和13年)と古く、当初は阪神優駿牝馬という名称で、鳴尾競馬場の土2700mという条件だった(土コースは現在のダートとは異なる馬場)。芝2400mになったのは43年のことで、このときの施行場所は京都競馬場。46年に東京競馬場に移り、この年に名... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/05/18 17:48

続きを見る

トップへ

月別リンク

最強の男の競馬ブログ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる