アクセスカウンタ

プロフィール

ブログ名
最強の男の競馬ブログ
ブログ紹介
大谷内 泰久(おおやうちやすひさ) 
1971年12月20日東京生まれ。
大学在学中から“競馬予想の天才”として注目を浴び、卒業後は専門紙「競馬研究」に入社。わずか2年目で本紙予想者に抜てきされる。
その後は「優駿クラブ」に在籍。現在は三恵書房が提供するサイト「最強の男の100万馬券予想」で予想を披露し、同時に競馬の醍醐味をファンに伝えることに精力を注いでいる。
キャリアを積むことやマスコミの力を使うことで名を売っていく予想家が多い中、純粋に“当てる”ことで勝負してきた数少ない予想家のひとりである。


↑「最強の男の100万馬券予想」はこちら

zoom RSS ブログ 新着記事

タイトル 日 時
中京記念(GIII)、函館2歳S(GIII)の展望
 中京記念(GIII・中京芝1600m)はマイルの距離で争われるハンデ重賞。前身は1953年(昭和28年)に中京競馬の完成を記念して行われた中京開設記念で、翌年に現行の競走名になった。当初は施行条件は砂1800mで、59年に砂2000mになり、70年から芝2000mに変わる。2012年になると中京コースは直線が長くなって急坂も造られ、中京記念は芝1600mの舞台で争われることになった。同時に、サマーマイルシリーズの第1戦をつとめることになっている。なお、本競走の正式名称はトヨタ賞中京記念。愛知県... ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 0

2018/07/19 16:03
エアアンセムが重賞初制覇! 今週は中京記念
 ハンデ重賞の函館記念(GIII・函館芝2000m)を制したのは、5番人気のエアアンセム(55キロ)だった。好位のインで脚をタメ、4コーナーで少し外に動くと、直線でしっかり伸びて勝ち切った。着差は半馬身で、勝ち時計は1分59秒8(良)だった。  騎乗した藤岡佑介は「いい枠が当たり、スタートも決まった。手応えは抜群だったし、直線はよく凌いでくれた」と。7歳にして初の重賞制覇を飾り、今後のローテションは決まっていない。  2着は馬場の真ん中から差し込んだサクラアンプルール(57.5キロ)。3着は... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/07/16 08:16
函館記念(GIII)の展望
 函館記念(GIII・函館芝2000m)は北の地で行われる名物のハンデ重賞。創設されたのは1965年(昭和40年)で、当初は施行条件が芝2400mだった。68年になると芝2000mに短縮され、グレード制が敷かれた84年にGIIIに格付けされる。94年から96年までは別定戦で施行され、97年にハンデ戦に戻った。06年からサマー2000シリーズの一環に組み入れられている。  第1回の覇者はクリベイ。古い時代の勝ち馬には、リユウズキ(皐月賞)、メジロアサマ(天皇賞)、エリモジョージ(天皇賞・宝塚記念... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/07/12 15:53
メドウラークとマテラスカイが重賞V、今週は函館記念
 ハンデ重賞の七夕賞(GIII・福島芝2000m)を制したのは、11番人気の伏兵馬メドウラーク(54キロ)だった。後方で脚をタメ、3コーナー過ぎから外のマイネルサージュと並んで上がっていくと、直線で渋太く伸びて勝ち切った。着差はクビで、勝ち時計は2分00秒8(良)だった。  騎乗した丸田恭介は「道悪が上手な馬(発表は良馬場)。いいリズムで回ってくることができたし、直線はいい伸びだった」と。このあとはサマー2000シリーズを戦っていくことになる。  2着は4番人気のマイネルサージュ(55キロ)... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/07/09 07:47
七夕賞(GIII)、プロキオンS(GIII)の展望
 七夕賞(GIII・福島芝2000m)は福島競馬場で行われる名物のハンデ重賞。創設されたのは1965年(昭和40年)で、当初は距離が1800mだった。72年と73年は別定で施行され、74年にハンデキャップに戻る。75年からは秋の施行になり、競走名が東北記念に変わった。80年にふたたび夏に移り、このタイミングで競走名が七夕賞に戻っている。グレード制が敷かれた84年にGIIIに格付けされ、以降は諸条件に変更がない。なお、当競走は06年からサマー2000シリーズの第一戦に指定されている。同シリーズは夏... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/07/05 16:25
メイショウテッコンとアレスバローズがV、今週は七夕賞
 3歳重賞のラジオNIKKEI賞(GIII・福島芝1800m)を制したのは、2番人気のメイショウテッコンだった。好位のインでなだめつつ脚をタメ、4コーナーで外に出していく。追われてしっかり伸びて抜け出し、そのまま渋太く押し切った。着差は半馬身で、勝ち時計は1分46秒1(良)だった。  騎乗した松山弘平は「道中は我慢できたし、外に出すとしっかり反応してくれた。本当に強い競馬だった」と。秋は神戸新聞杯(9月23日)→菊花賞(10月21日)と進むことになる。  2着は1番人気のフィエールマン。後方... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/07/02 13:06
ラジオNIKKEI賞(GIII)、CBC賞(GIII)の展望
 ラジオNIKKEI賞(GIII・福島芝1800m)は3歳馬が争うハンデ重賞。競走名は寄贈賞を提供している日経ラジオ社の愛称であるラジオNIKKEIに由来する。創設されたのは1952年(昭和27年)のことになり、当初は中山4歳ステークスという競走名で、皐月賞の前哨戦として4月に行われていた。条件は中山芝1800mだった。54年になると時期がダービー終了後に移され、この54年は芝2000mで施行されて翌年から芝1800mに戻っている。そして、55年からは「除東京優駿競走の勝馬」という珍しい条件が付... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2018/06/28 16:31
ミッキーロケットがGI初制覇! 今週は重賞二本立て
 上半期をしめくくる宝塚記念(GI・阪神芝2200m(内))を制したのは、7番人気のミッキーロケットだった。好位の後ろのインで脚をタメ、直線で早めに抜け出して渋太く押し切った。着差はクビで、勝ち時計は2分11秒6(稍)だった。  騎乗した和田竜二は「好位につけて、内をピッタリ回ってこられた。最後まで脚色が変わらなかった。スゴイ馬です」と。初のGI制覇を成し遂げ、このあとは秋に向けて充電することになる。  2着は香港から参戦した10番人気のワーザー。直線で外からグイグイ伸びたが、わずかに届かな... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/06/25 07:54
宝塚記念(GI)の展望
 宝塚記念(GI・阪神芝2200m(内))は上半期をしめくくるグランプリレース。出走馬はファン投票によって選ばれる。フルゲートは18頭で、ファン投票の上位10頭が優先的に出走でき、残りは収得賞金額などを加味して決定される。歴史が始まったのは1960年(昭和35年)。当時は関東に比べて大きく人気で劣っていた関西の競馬を活性化させるため、年末に中山で行われる有馬記念と対になる競走としてつくられた。有馬記念と同様にファン投票で出走馬を選出することが前提条件だったという。第1回は阪神競馬場の芝1800m... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/06/21 15:29
ルヴァンスレーヴとセイウンコウセイがV、今週は宝塚記念
 3歳馬がダートで争ったでユニコーンS(GIII・東京ダ1600m)を制したのは、1番人気の支持を受けたルヴァンスレーヴだった。中位の後ろの外を進み、3コーナーを過ぎてジワッと詰めていくと、直線であっさり抜け出して快勝した。着差は3馬身半で、勝ち時計はレースレコードとなる1分35秒0(重)だった。  騎乗したミルコ・デムーロは「ずっといい手応えだった。直線は最後まで馬なりで伸びた。勝つ気持ちが強い馬」と。次は大井のジャパンダートダービー(7月11日)に挑むことになる。  2着は3番人気のグレ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/06/18 07:33
ユニコーンS(GIII)、函館スプリントS(GIII)の展望
 ユニコーンステークス(GIII・東京ダ1600m)は3歳馬限定のダート重賞。創設されたのは1996年で、当初は条件が中山ダ1800mで秋に行われていた。97年は東京ダ1600mで施行され、翌98年に中山ダ1800mに戻る。01年になると時期が6月に移され、この年に現行の東京ダ1600mに変わった。ここからジャパンダートダービー(JpnI・大井ダ2000m)に向かうケースが多い。  第1回は1位入線のバトルラインが降着になり、繰り上がりでシンコウウインディが勝ち馬になった。第2回はタイキシャト... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2018/06/14 17:03
サトノアーサーとアンドリエッテがV! 今週から函館が開幕
 雨が降る中で争われたエプソムC(GIII・東京芝1800m)を制したのは、2番人気の4歳馬サトノアーサーだった。好位の後ろの外で脚をタメ、直線でエンジンがかかると一気に伸びて早めに抜け出す。そのまましっかりと脚を使って押し切った。着差は半馬身で、勝ち時計は1分47秒4(重)だった。  騎乗した戸崎圭太は「スタートがよく、思ったよりいい位置につけることができた。今日の勝ちっぷりなら、先々が楽しみ」と。今後のローテーションは決まっていない。  2着は4番人気のハクサンルドルフ。後方に待機し、直... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2018/06/11 07:47
エプソムC(GIII)、マーメイドS(GIII)の展望
 エプソムカップ(GIII・東京芝1800m)は3歳以上で争われる中距離重賞。競走名は東京競馬場と提携を結んでいるイギリスのエプソム競馬場に由来している。1983年に日本ダービーが50回を迎えたのを機に、ダービーの開催場であるエプソム競馬場と姉妹関係を結び、翌84年から交換競走として東京競馬場でエプソムカップが、エプソム競馬場で東京トロフィーが行われるようになった。創設時から芝1800mで施行されてきて、当初はハンデキャップ競走だったものが96年から別定に変わっている。05年に国際競走に指定され... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2018/06/07 16:01
モズアスコットが春のマイル王に! 今週は重賞二本立て
 春の最強マイラーを決める安田記念(GI・東京芝1600m)を制したのは、連闘で挑んだフランケル産駒の4歳馬モズアスコットだった。中位の追走から道中で少し下がる形になったが、直線は内めの馬群を割って鋭く伸びて差し切った。着差はクビで、勝ち時計はタイレコードとなる1分31秒3(良)だった。  騎乗したルメールは「状態が良かったので自信があった。追い出すと反応が良く、最後まで頑張ってくれた」と。このあとは休養に入り、具体的なローテーションは決まっていない。  2着は4歳の牝馬アエロリット。好位の... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2018/06/04 10:23
安田記念(GI)、鳴尾記念(GIII)の展望
 安田記念(GI・東京芝1600m)は春の最強マイラー決定戦。正式名称は農林水産省賞典安田記念となっている。本競走は競馬法の制定や東京優駿(日本ダービー)の創設など、日本競馬の黎明期に発展に尽力した日本競馬界初代理事長・安田伊左衛門の功績をたたえて1951年(昭和26年)つくられた競走であり、当初はレース名が安田賞で、条件は東京芝1600m、負担重量はハンデキャップだった。58年に安田伊左衛門が死去し、この年に安田記念に変わっている。60年と61年は芝1800mで行われたが、62年には芝1600... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2018/05/31 16:11
ワグネリアンが3歳の頂点に! 今週は安田記念
 3歳馬の頂点を争った日本ダービー(GI・東京芝2400m)を制したのは、5番人気のワグネリアンだった。外の17番枠からのスタートだったが、スッとに行き脚がついて好位の後ろの外につける。道中の折り合いもスムーズで、直線で追われると長く渋太く伸びて差し切った。着差は半馬身で、勝ち時計は2分23秒6(良)だった。  騎乗した福永祐一は「スタッフの仕上げに馬がよく応えてくれた。最後はもう気合いだけだった」と。このあとは放牧に出され、秋以降の予定は決まっていない。  2着は逃げて粘り腰を発揮した皐月... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2018/05/28 06:44
日本ダービー(GI)、目黒記念(GII)、葵S(新設重賞)の展望
 東京優駿(GI・東京芝2400m)は3歳牡馬クラシックの第二弾。イギリスのダービーステークスを範としてつくられた競走で、副称である“日本ダービー”が一般的な呼称となっている。創設されたのは戦前の1932年(昭和7年)のことになり、当初の開催場所は今はなき目黒競馬場で、条件は芝2400m、競走名は東京優駿大競走だった。34年になると場所を東京競馬場に移し、38年に競走名が東京優駿競走に変更になる。45年は太平洋戦争の影響で中止になり、46年は進駐軍の競馬場占領によって中止になった。そして、48年... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 8 / トラックバック 0 / コメント 0

2018/05/24 16:09
アーモンドアイが二冠制覇! 今週は日本ダービー
 牝馬クラシック第二弾のオークス(GI・東京芝2400m)を制したのは、1番人気の支持を受けたアーモンドアイだった。発馬は五分で、中位の前の外でじっくりと脚をタメる。直線で楽な手応えのまま前に接近し、追われると一気に抜け出して快勝した。着差は2馬身で、勝ち時計は2分23秒8(良)だった。  騎乗したルメールは「勝つ自信があった。完璧なレースだった。三冠にトライしたいし、海外にだって行ける」と。桜花賞に続いて二冠を獲り、さらなる飛躍が楽しみである。  2着は4番人気のリリーノーブル。バラけた展... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 7 / トラックバック 0 / コメント 0

2018/05/21 08:09
オークス(GI)、平安S(GIII)の展望
 優駿牝馬(GI・東京芝2400m)は3歳牝馬クラシックの第二弾。イギリスのオークスステークスを範としてつくられた競走で、「オークス」と呼ばれることがほとんどである。65年からオークスが副称としてつけられるようになった。第1回が行われたのは戦前の1938年(昭和13年)と古く、当初は阪神優駿牝馬という名称で、鳴尾競馬場の土2700mという条件だった(土コースは現在のダートとは異なる馬場)。芝2400mになったのは43年のことで、このときの施行場所は京都競馬場。46年に東京競馬場に移り、この年に名... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 6 / トラックバック 0 / コメント 0

2018/05/17 16:13
ジュールポレールがGI初制覇! 今週はオークス
 一線級の牝馬がそろったヴィクトリアマイル(GI・東京芝1600m)を制したのは、8番人気のジュールポレールだった。好位の後ろを追走し、直線で外から長く脚を使って勝ち切った。着差はハナで、勝ち時計は1分32秒3(稍)だった。  騎乗した幸英明は「前の馬を交わせる位置で進めた。いい脚を使う馬で、最後は必死で追った」と。GI初制覇を果たし、このあとは安田記念(6月3日)への挑戦が視野に入っている。  2着は1番人気のリスグラシュー。中団の後ろに待機し、直線で勝ち馬の外からグイグイ伸びてきたが、ハ... ...続きを見る

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 7 / トラックバック 0 / コメント 0

2018/05/14 07:36

続きを見る

トップへ

月別リンク

最強の男の競馬ブログ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる