アクセスカウンタ

プロフィール

ブログ名
最強の男の競馬ブログ
ブログ紹介
大谷内 泰久(おおやうちやすひさ) 
1971年12月20日東京生まれ。
大学在学中から“競馬予想の天才”として注目を浴び、卒業後は専門紙「競馬研究」に入社。わずか2年目で本紙予想者に抜てきされる。
その後は「優駿クラブ」に在籍。現在は三恵書房が提供するサイト「最強の男の100万馬券予想」で予想を披露し、同時に競馬の醍醐味をファンに伝えることに精力を注いでいる。
キャリアを積むことやマスコミの力を使うことで名を売っていく予想家が多い中、純粋に“当てる”ことで勝負してきた数少ない予想家のひとりである。


↑「最強の男の100万馬券予想」はこちら

zoom RSS ブログ 新着記事

タイトル 日 時
ネオリアリズムがGII制覇! 今週は弥生賞
 豪華メンバーになった中山記念(GII・中山芝1800m)を制したのは、6歳のネオリアリズムだった。好位でなだめつつ脚をタメ、直線でパワフルに伸びて差し切った。着差は3/4馬身で、勝ち時計は1分47秒6(良)だった。騎乗したミルコ・デムーロは「いいポジションを取ることができた。末脚はスゴかった」と。次走は決まっておらず、GIに昇格した大阪杯(4月2日)や、ドバイと香港の国際GI競走が候補として挙がっている。  2着はインを突いて末を伸ばした8番人気のサクラアンプルール。3着は逃げて途中でハナを... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/02/27 09:35
中山記念(GII)、阪急杯(GIII)、アーリントンC(GIII)の展望
 中山記念(GII・中山芝1800m)は中山競馬場で行われる歴史ある古馬の重賞。創設されたのは1936年(昭和11年)で、当初は春と秋の年2回制だった。また、施行距離は芝3200m、負担重量はハンデキャップと、今とはまったく違う条件の競走だった。年2回制が廃止されたのは51年のこと。距離には変遷があり、57年から現行の芝1800mになっている。72年になると別定戦に変わり、グレート制が敷かれた84年にGII格付けされる。17年に大阪杯がGIに昇格になり、本競走の1着馬には大阪杯の優先出走権が付与... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/02/23 16:08
ゴールドドリームがダート王に! 今週は重賞三本立て
 2017年のGI第一弾となるフェブラリーS(GI・東京ダ1600m)を制したのは、2番人気の4歳馬ゴールドドリームだった。中位につけて脚をタメ、4コーナーで外を回すと、直線で力強く伸びて勝ち切った。着差はクビで、勝ち時計は1分35秒1(良)だった。騎乗したミルコ・デムーロは「抜け出して物見をしたけど、ベストウォーリアが来たら、また伸びてくれた。素晴らしい馬です」と。次走は未定で、秋に海外に挑戦するプランもあるようだ。  2着は5番人気のベストウォーリア。勝ち馬より前を進み、直線で内を割って伸... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/02/20 07:27
フェブラリーS、ダイヤモンドS、京都牝馬S、小倉大賞典の展望
 フェブラリーステークス(GI・東京ダ1600m)は本年のGI第一弾。東京競馬場のダート1600mでチャンピオンが決定される。創設されたのは1984年(昭和59年)のことになり、この時は格付けがGIIIで、競走名も今とは違ってフェブラリーハンデキャップだった。94年になるとGIIに格上げされるとともに負担重量が別定になり、競走名も現行のものに変わった。そして、97年についにGIに昇格になる。JRA初のダートGI誕生だった。なお、中央競馬のダートのGIは、本競走とジャパンカップダートの2つしかない... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/02/16 16:22
サトノクラウンが京都記念を連覇! 今週はフェブラリーS
 古馬の一線級が争った京都記念(GII・京都芝2200m(外))を制したのは、昨年も当レースを勝っている5歳のサトノクラウンだった。離れた3番手を進み、直線で外めからグッと抜け出して渋太く押し切った。着差は1馬身1/4で、勝ち時計は2分14秒1(稍)だった。騎乗したミルコ・デムーロは「スタートを出て、いい位置を取れた。トモが良くなり、最後まで伸びてくれた」と。次走は最終決定していないが、大阪杯(4月2日)になる可能性が高い。  2着は牝馬のスマートレイアー。4番手の追走で、直線で粘り強く脚を使... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/02/13 22:20
京都記念(GII)、共同通信杯(GIII)、クイーンC(GIII)の展望
 京都記念(GII・京都芝2200m(外))は春のGIにつながる古馬のGII競走。正式名称は農林水産省賞典京都記念となっている。創設されたのは1942年(昭和17年)のことになり、当初は施行距離が芝3500mで、負担重量はハンデキャップだった。また、天皇賞のような春と秋の年2回施行制で、ゆえに本年は第104回と試行回数が大きな数字になっている。施行条件には多くの変遷があり、年に1回だけ行われる形になったのは84年のこと。この84年は芝2400mの別定戦で、94年になると芝2200mに短縮されて現... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/02/09 16:10
ブラックスピネルとアメリカズカップがV、今週は京都記念
 マイル重賞の東京新聞杯(GIII・東京芝1600m)を制したのは、西の4歳馬ブラックスピネルだった。ハナを奪って超スローに持ち込み、32秒7の上がりを使って押し切った。着差はクビで、勝ち時計は1分34秒9(良)だった。騎乗したミルコ・デムーロは「ハナを切ることは考えていなかった。最後までバテずに伸びてくれた」と。次走はマイラーズC(4月23日)の予定で、春の大目標は安田記念(6月4日)になる。  2着は4歳世代のプロディガルサン。中位で脚をタメ、直線で馬群を割ってグイグイと伸びた。自身の上が... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/02/06 06:54
東京新聞杯(GIII)、きさらぎ賞(GIII)の展望
 東京新聞杯(GIII・東京芝1600m)は古馬のマイル重賞。創設されたのは1951年(昭和26年)で、当初は施行距離が東京芝2400m、負担重量がハンデキャップ、競走名は東京盃だった。66年になると中日新聞東京本社から優勝杯を贈呈されるようになり、競走名が現行の東京新聞杯に変わった。施行条件には変遷があり、84年からは芝1600mの別定戦として行われてきている。この84年にグレード制が敷かれてGIIIに格付けされた。なお、95年は積雪の影響でダートの1600mで施行され、この年はグレードを外さ... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/02/02 16:03
カフジテイクとダンスディレクターがGIにつながるV
 フェブラリーSの前哨戦にあたる根岸ステークス(GIII・東京ダ1400m)を制したのは、1番人気に推された西の5歳馬カフジテイクだった。いつも通りゲートが遅くて後方からの競馬になったが、直線で大外から強烈な末脚で伸びて追い込み切った。着差は1馬身で、勝ち時計は1分23秒0(良)だった。騎乗した福永祐一は「スゴイ脚を使ってくれた。胸を張って次へ行ける」と。本番のフェブラリーS(2月19日)でも注目される存在になる。  2着は3番人気のベストウォーリア。中位を進んで直線で抜け出しにかかったが、勝... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/01/30 07:50
根岸(GIII)、シルクロードS(GIII)の展望
 根岸ステークス(GIII・東京ダ1400m)はダートの短距離で行われる重賞競走で、フェブラリーステークスの前哨戦的な意味合いをもっている。創設されたのは1987年(昭和62年)のこと。この時の施行距離は現在と一緒で、90年から00年までは東京ダ1200mで施行され、01年に東京ダ1400mに戻った。1着馬にはフェブラリーSの優先出走権が与えられる。  競走名の根岸は、江戸時代の末期に造られた日本最初の近代競馬場である横浜競馬場があった地名に由来する。同競馬場は根岸競馬場とも呼ばれていた。第二... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/01/26 16:02
タンタアレグリアとグレンツェントがGIに向けてV
 中距離重賞のアメリカJCC(GII、中山芝2200m)を制したのは、7番人気の5歳馬タンタアレグリアだった。中位のインでじっくりと構え、直線で内からしっかりと伸びて抜け出した。着差は半馬身で、勝ち時計は2分11秒9(良)だった。騎乗した蛯名正義は「内にもぐって理想的な競馬ができた。追い出しを待つぐらいの余裕があった」と。春の大目標は天皇賞(春)(4月30日)になる。  2着は1番人気だった4歳のゼーヴィント。待機策から早めに外を進出して抜け出すかというシーンをつくったが、内をすくわれてしまっ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/01/23 07:34
アメリカJCC(GII)、東海S(GII)の展望
 アメリカジョッキークラブカップ(GII・中山芝2200m)は年明けの1月に行われる古馬の重賞競走。1960年(昭和35年)に日米の友好の一環としてニューヨークジョッキークラブから優勝杯の贈呈を受け、中山芝2000mのハンデキャップ競走として歴史がはじまった。翌61年に負担重量が別定に変わり、距離が2600mに延びる。以降、施行距離は幾度か変更になり、85年から2200mで定着した。84年にGIIに格付けになり、06年に国際競走に指定されている。  第1回の覇者はオンワードベル。歴代の勝ち馬に... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/01/19 16:35
ミッキーロケットが重賞初制覇! 今週は豪華GIIが2鞍
 上昇馬がそろった日経新春杯(GII・京都芝2400m(外))を制したのは、1番人気に推された4歳のミッキーロケット(ハンデ55キロ)だった。タテ長の展開の4番手で脚をタメ、直線は外のシャケトラと激しく叩き合って渋太く勝ち切った。着差はハナで、勝ち時計は2分25秒7(稍)だった。騎乗した和田竜二は「上手に競馬ができた。よく差し返してくれたね」と。初の重賞タイトルを手にし、次なる目標はGIに昇格した大阪杯(4月2日)になる。  2着のシャケトラ(53キロ)は1000万下を勝って即の重賞挑戦ながら... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/01/18 10:06
日経新春杯(GII)、京成杯(GIII)、愛知杯(GIII)の展望
 日経新春杯(GII・京都芝2400m(外))は年初めの1月に行われる芝の長距離重賞。冠名の日経は優勝杯を提供する日本経済新聞社の略称になる。創設されたのは1954年(昭和29年)で、当初は競走名が日本経済新春杯だった。79年になると現行の競走名に改称され、グレート制が敷かれた84年にGIIに格付けされている。87年にそれまでの芝2400mから2200mに短縮されて、95年に芝2400mに戻った。負担重量は、54年から80年はハンデキャップで、81年から93年は別定、94年からはハンデキャップと... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/01/12 16:25
アズマオーとスピネルが金杯を制覇! 今週は日経新春杯
 新年最初の重賞となった中山金杯(GIII・中山芝2000m)を制したのは、1番人気の支持を受けた6歳のツクバアズマオー(ハンデ56.5キロ)だった。抑えて後方で脚をタメ、4コーナーから徐々に進出する。直線は力強い末脚を披露して抜け出した。着差は3/4馬身で、勝ち時計は2分00秒6(良)だった。騎乗した吉田豊は「思っていたより後ろになったけど、自分のリズムを守った。勝ててよかった」と。今後の具体的なローテーションは決まっていない。  2着はトップハンデとなる57.5キロを背負っていたクラリティ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/01/09 09:11
中山金杯、京都金杯、シンザン記念、フェアリーSの展望
 中山金杯(GIII・中山芝2000m)は年明けの開催初日に中山競馬場で行われる重賞競走。正式名称は日刊スポーツ賞中山金杯で、勝利馬主には金の杯(さかずき)が与えられる。創設されたのは1952年(昭和27年)のことになり、当初は競走名が金杯で芝2600mのハンデキャップ競走だった。54年に別定戦に変わり、61年にはハンデキャップに戻って距離が2000mに詰まる。70年からは東京競馬場での開催になり、80年に中山に戻った。66年になると京都競馬場で年の初日に行われていた迎春賞が金杯と改称され、同じ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/01/03 16:33
サトノダイヤモンドがGP制覇! 東京大賞典予想に注目を
 最後の大一番となる有馬記念(GI・中山芝2500m)を制したのは、1番人気の支持を受けた3歳のサトノダイヤモンドだった。前半は中位を進み、向正面でキタサンブラックをマークする位置までポジションアップする。直線で一度は離されたが、粘り強く脚を使ってとらえ切った。着はクビで、勝ち時計は2分32秒6(良)だった。騎乗したルメールは「自信はあった。ゴール前まですごく頑張った。スーパーホースになったね」と。来年は春は国内で走り、秋に凱旋門賞(10月1日)に挑戦することになりそうだ。  2着のキタサンブ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/12/26 08:12
有馬記念(GI)、中山大障害(J・GI)、阪神カップ(GII)、ホープフルS(GII)の展望
 有馬記念(GI・中山芝2500m)は1年の競馬を締めくくる大レース。創設されたのは1956年(昭和31年)で、第1回は中山グランプリという名称で行われた。創設に尽力したのは当時の中央競馬会理事長であった有馬頼寧。ファンが親近感をもてるようにとファン投票で出走馬を決める方式を発案し、推薦委員会による推薦馬選出方法と合わせて出走馬が決定されていた。しかし、第1回が終了した翌年の1月9日に有馬が急逝する。有馬の功績をたたえ、第2回から競走名が有馬記念に改称された。グランプリという副題が付き、「グ.ラ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/12/21 16:46
サトノアレスが2歳王者に輝く! 今週は有馬記念
 2歳馬が頂点を目指してぶつかり合った朝日杯フューチュリティS(GI・阪神芝1600m(外))を制したのは、6番人気の関東馬サトノアレスだった。後方でじっくりと脚をタメ、直線で余裕を持ちながら外から一気に伸びて抜け出すと、モンドキャンノの追撃を封じて勝ち切った。着差は半馬身で、勝ち時計は1分35秒4(良)だった。騎乗した四位洋文は「ボクは何もしていません。馬が勝手に伸びてくれた。てっぺんまで行く可能性のある馬です」と。このあとは放牧に出され、クラシックを目標に充電されることになる。  2着は勝... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/12/19 08:09
朝日杯フューチュリティS(GI)、ターコイズS(重賞)の展望
 朝日杯フューチュリティステークス(GI・阪神芝1600m(外))は2歳のチャンピオン決定戦。競走名のフューチュリティ(Futurity)は、英語で「未来、将来」を意味する。創設されたのは1949年(昭和24年)のことで、当初は中山競馬場の芝1100mで争われていた。59年に芝1200mになり、62年にさらに延びて芝1600mになって、以降は2013年まで中山芝1600mで施行されることになる。91年になると、関西圏の2歳チャンピオン決定戦だった阪神3歳ステークスが牝馬限定の競走(現阪神ジュベナ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/12/15 17:56

続きを見る

トップへ

月別リンク

最強の男の競馬ブログ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる