最強の男の競馬ブログ

アクセスカウンタ

zoom RSS モズカッチャンがオークスTRをV、今週は天皇賞(春)

<<   作成日時 : 2017/04/24 07:52   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 オークストライアルのフローラS(GII・東京芝2000m)を制したのは、12番人気の伏兵馬モズカッチャンだった。中位の前のインで脚をタメ、直線残り200mで外に出すと、スパッと切れて差し切った。着差はクビで、勝ち時計は2分01秒3(良)だった。騎乗した和田竜二は「瞬発力があるのはわかっていた。うまく捌けて期待通りの走りだった」と。オークス(5月21日)が楽しみなった。
 2着は2番手追走から渋太く応戦した10番人気のヤマカツグレース。3着は3番手を進んでいた2番人気のフローレスマジックで、1番人気のホウオウパフュームは8着に終わっている。

 安田記念につながるマイラーズC(GII・京都芝1600m(外))を勝ったのは、2番人気のイスラボニータだった。中位でなだめつつ体力を温存し、直線で狭いところを割って伸びてグッと抜け出た。着差は半馬身で、勝ち時計は1分32秒2(良)だった。騎乗したルメールは「馬の間に入って、よく伸びてくれた。使って良くなる」と。安田記念(6月4日)に進んで、皐月賞以来のGI制覇を狙う。
 2着は1番人気のエアスピネル。好位の後ろの外の追走から直線で脚を伸ばしたが、内から出られてしまった。3着は2番手を進んで粘り腰を発揮した7番人気のヤングマンパワー。

 牝馬が争った福島牝馬S(GIII・福島芝1800m)を制したのは、3番人気のウキヨノカゼだった。後方に待機して脚をタメ、直線で外からグイグイ伸びて追い込み切った。着差はクビで、勝ち時計は1分46秒8(良)だった。騎乗した吉田隼人は「7歳には見えないぐらいフレッシュだった。切れ味がある馬なので、リズムを守って乗った」と。次なる目標はヴィクトリアマイル(5月14日)。
 2着はフロンテアクイーン。中位の外めを追走し、直線で渋太く脚を使った。3着は1番人気のクインズミラーグロ。ゲートがひと息で後方からの競馬になり、早めにマクッて見せ場はつくった。

 今週は京都競馬場で天皇賞(春)(GI・京都芝3200m(外))が行われる。キタサンブラックとサトノダイヤモンドに注目が集まり、他にも実力馬がそろっている。盾をめぐる戦いは激しいものになりそうだ。府中ではダービートライアルの青葉賞(GII・東京芝2400m)が組まれており、こちらも見逃すことはできない。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文
モズカッチャンがオークスTRをV、今週は天皇賞(春) 最強の男の競馬ブログ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる