最強の男の競馬ブログ

アクセスカウンタ

zoom RSS マルターズアポジーとロンドンタウンがV、今週は札幌記念

<<   作成日時 : 2017/08/14 06:49   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 マイル重賞の関屋記念(GIII・新潟芝1600m)を制したのは、7番人気のマルターズアポジーだった。好ダッシュからハナを奪って少し離して逃げ、直線もしっかりと脚を使って押し切った。着差は1馬身1/4で、勝ち時計は1分32秒2(良)だった。騎乗した武士沢友治は「同型との兼ね合いがあったけど、うまくいった。マイルで本領を発揮してくれた」と。今後はマイル路線へ。次走は決まっていないが、京成杯オータムH(9月10日)あたりになるりそうだ。
 2着は2番手を進んで直線でジリジリと詰め寄った4番人気のウインガニオン。3着は5番人気のダノンリバティで、1番人気のメートルダールは伸びを欠いて12着に敗れている。

 ダート重賞のエルムS(GIII・札幌ダ1700m)を勝ったのは、4番人気のロンドンタウンだった。好位のインを追走し、直線で外に出すとグッと伸びて差し切った。着差は半馬身で、勝ち時計はレコードとなる1分40秒9(重)だった。騎乗した岩田康誠は「いい枠(2番)からスムーズに運べた。届くんじゃないかと思って必死に追った」と。次走は韓国のGIになるコリアカップ(9月10日)。
 2着は断然の1番人気に推されていたテイエムジンソク。絶好の手応えで2番手を進んでいたが、時計の速い決着で抜け出すことはできなかった。3着は逃げて粘りを発揮したドリームキラリ。

 今週は札幌で札幌記念(GII・札幌芝2000m)、小倉で北九州記念(GIII・小倉芝1200m)と、2つの重賞が組まれている。札幌記念にはヤマカツエース、サウンズオブアース、エアスピネル、マウントロブソンが、北九州記念にはキングハート、ダイアナヘイロー、アクティブミノル、ファインニードルが登録していて、どちらも直線の攻防は激しいものになりそうだ。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文
マルターズアポジーとロンドンタウンがV、今週は札幌記念 最強の男の競馬ブログ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる