最強の男の競馬ブログ

アクセスカウンタ

zoom RSS ファインニードルが重賞制覇! 今週は3日間開催

<<   作成日時 : 2017/09/11 07:45   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 スプリント重賞のセントウルS(GII・阪神芝1200m(内))を制したのは、1番人気に推された4歳のファインニードルだった。3番手のインで脚をタメ、直線で狭いところを割って抜け出した。着差は1馬身1/4で、勝ち時計は1分07秒5(良)だった。騎乗したミルコ・デムーロは「いい状態で楽な競馬ができた。直線に向いて勝てる手応えだった」と。使ったあとの様子を見て、スプリンターズS(10月1日)に参戦するか決められるとのことだ。
 2着は6番人気のラインミーティア。直線で進路を探すところがあったが、捌いて切れる脚を使った。3着は大外から32秒6の上がりでグイグイ伸びた4番人気のダンスディレクター。

 マイル重賞の京成杯オータムH(GIII・中山芝1600m)を勝ったのは、1番人気のグランシルク(ハンデ56キロ)だった。中位の外でじっくりと構え、直線でグッと伸びて抜け切った。着差は1馬身3/4で、勝ち時計は1分31秒6(良)だった。騎乗した田辺裕信は「早めに追い出したけど、いい脚を使ってくれた。マイルの最前線で頑張ってほしい」と。このあとは、富士S(10月21日)かスワンS(10月28日)を使って、マイルチャンピオンシップ(11月19日)に挑むことになりそうだ。
 2着は11番人気のガリバルディ(57キロ)。後方に待機し、直線で大外から追い込んできた。3着は6番人気のダノンリバティ(56キロ)で、これも外から脚を使っている。

 秋華賞トライアルの紫苑S(GIII・中山芝2000m)を制したのは、1番人気のディアドラだった。抑えて後方で脚をタメ、直線で外から猛然と伸びて差し切った。着差はハナで、勝ち時計は1分59秒8(良)だった。騎乗した岩田康誠は「接戦だったけど、スゴく強い競馬だった。夏を越して本当に強くなっている」と。秋華賞(10月15日)でも注目される存在になる。
 2着は6番人気のカリビアンゴールド。中団の前を追走して直線で一旦は先頭に出たが、最後で交わされてしまった。3着は4番人気のポールヴァンドルで、ここまでが秋華賞の権利を獲得している。

 今週は土・日・月の3日間開催で、中山で菊花賞トライアルのセントライト記念(GII・中山芝2200m)、阪神で秋華賞トライアルのローズS(GII・阪神芝1800m(外))が行われる。どちらも好メンバーになっていて、注目度は高い。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文
ファインニードルが重賞制覇! 今週は3日間開催 最強の男の競馬ブログ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる