アクセスカウンタ

<<  2018年8月のブログ記事  >>  zoom RSS

トップへ

タイトル 日 時
新潟記念(GIII)、小倉2歳S(GIII)、札幌2歳S(GIII)の展望
 新潟記念(GIII・新潟芝2000m(外))は新潟競馬場の外回りコースで行われるハンデキャップ重賞。正式名称は農林水産省賞典新潟記念となっている。かつては関屋地区にあった新潟競馬場だが、1964年(昭和39年)に現在の地に移転された。本競走は、その翌年の65年に創設された重賞になる。施行距離の芝2000m、負担重量のハンデキャップは当初から変わっていない。ただ、新潟競馬場は以前は右回りの競馬場だったものが、01年から左回りのコースに変わっている。外回りの直線距離は日本最長の659mになった。0... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/08/30 16:10
ケイデンスコールとナックビーナスがV、今週は新潟記念
 2歳重賞の新潟2歳S(GIII・新潟芝1600m(外))を制したのは、1番人気の支持を受けたロードカナロア産駒のケイデンスコールだった。じっくりと脚をタメる競馬から直線に向くと大外へ。渋った馬場の中をグイグイ伸びて差し切った。着差はクビで、勝ち時計は1分35秒5(稍)だった。  騎乗した石橋脩は「緩さが残る中で、これだけの脚を使ってくれた。今後が楽しみ」と。このあとは放牧に出され、暮れの朝日杯フューチュリティS(12月16日)を目標に調整されることになる。  2着は2番人気のアンブロークン... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/08/27 12:00
新潟2歳S(GIII)、キーンランドC(GIII)の展望
 新潟2歳ステークス(GIII・新潟芝1600m(外))は夏の新潟開催で行われる2歳重賞。1968年(昭和43年)に一般競走として創設された。当初は新潟3歳ステークスという競走名で、距離は芝1200mだった。81年になると重賞に格上げになって試行回数のカウントが始まり、グレード制が敷かれた84年にGIIIに格付けになっている。97年になって距離が芝1400mに延び、新潟競馬場が左回りの競馬場として生まれ変わった01年に競走名が現行の新潟2歳ステークスになった。そして、翌02年から距離がさらに1ハ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/08/23 16:07
サングレーザーが札幌記念を制覇! 今週は重賞二本立て
 一線級が顔をそろえた札幌記念(GII・札幌芝2000m)を制したのは、2番人気の4歳馬サングレーザーだった。中位馬群でなだめつつ脚をタメ、直線で狭いところを割って伸びてマカヒキの内からハナだけ出た。勝ち時計は2分01秒1(稍)だった。  騎乗した福永祐一は「直線は1頭分のスペースに突っ込んでくれた。2000mをこなし、選択肢が広がった」と。次走は未定で、秋はまず天皇賞(秋)(10月28日)を目指すことになる。  2着のマカヒキ(1番人気)は後方を追走し、4コーナーで大外を追い上げる競馬。グ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/08/20 11:01
札幌記念(GII)、北九州記念(GIII)の展望
 札幌記念(GII・札幌芝2000m)は夏の札幌で行われる中距離重賞。創設されたのは1965年(昭和40年)で、当初は砂2000m(現在のダートとは異なる馬場)のハンデキャップ競走という施行条件だった。68年になると馬場改修によりダート2000mに変わる。74年までは左回りで行われ、グレート制が敷かれた84年にGIIIに格付けになった。89年は札幌競馬場の芝コース新設のためダ1700mで施行され、翌90年から現行と同じ芝2000mで争われるようになっている。97年になるとGIIに引き上げられ、別... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2018/08/16 16:12
プリモシーンとハイランドピークが重賞V、今週は札幌記念
 マイル重賞の関屋記念(GIII・新潟芝1600m(外))を制したのは、1番人気に支持された3歳の牝馬プリモシーンだった。道中は中団の少し後ろで脚をタメ、直線でグイグイ伸びて差し切った。着差はクビで、勝ち時計は1分31秒6(良)だった。  騎乗した北村宏司は「スタートをうまく出て、リズム良く運べた。最後は力を振り絞ってくれた」と。このあとは放牧に出され、秋に備えて充電することになる。  2着は5歳の牝馬ワントゥワン。ポツンと最後方を進む形になったが、直線は外から32秒8の上がりを使って追い込... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/08/13 10:30
関屋記念(GIII)、エルムS(GIII)の展望
 関屋記念(GIII・新潟芝1600m(外))は夏の新潟で行われるマイル重賞。競走名にある関屋は、旧新潟競馬場があった新潟市の関屋地区に由来する。新潟競馬場は1964年(昭和39年)に現在の地に新築移転され、関屋記念が創設されたのは、その2年後の66年のことになる。創設当初は芝2000mのハンデキャップ競走だった。施行距離や負担重量には変遷があり、マイルの重賞として定着したのは75年から。グレード制が敷かれた84年になってGIIIに格付けされた。00年には新潟競馬場が大規模な改修工事に入り、この... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/08/09 16:06
グリムとトリオンフが重賞制覇! 今週は関屋記念
 3歳馬がダートで争ったレパードS(GIII・新潟ダ1800m)を制したのは、5番人気のグリムだった。ハナを奪ってレースを先導し、直線で粘り腰を発揮して後続の追撃を封じた。着差はクビで、勝ち時計は1分52秒0(良)だった。  騎乗した内田博幸は「気分を損ねないようにと思っていた。自然と行く形になったね。並んだら渋太く、もう一段ギアが入る」と。このあとは休養に入り、秋に向けて備えることになる。  2着は10番人気のヒラボクラターシュ。好位の後ろの外で脚をタメ、直線でグッと脚を伸ばしてきた。3着... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/08/06 10:52
レパードS(GIII)、小倉記念(GIII)の展望
 レパードステークス(GIII・新潟ダ1800m)は09年に創設された3歳馬がダートで覇を競う新しい重賞競走。JRAのホームページには『3歳ダート適性馬の出走機会の拡大、夏季競馬の振興およびジャパンカップダートを頂点とする秋季ダート路線のさらなる充実を図る観点から、2009年に新設された3歳馬限定の重賞」と説明されている。競走名のレパード(Leopard)は英語で豹(ひょう)のことをいう。  第1回の覇者はトランセンド。同馬は10年にジャパンカップダートを勝ち、11年にはフェブラリーSを制して... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/08/02 16:10

<<  2018年8月のブログ記事  >> 

トップへ

最強の男の競馬ブログ 2018年8月のブログ記事/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる